年齢認証

あなたは18歳以上ですか?

サイトにはアダルトコンテンツが含まれています。
18歳未満の方のアクセスは固くお断り致します。

いいえ
はい、18歳以上です
先生を孕ませよう!~ひよこの呪いで透明化する俺!?~ LILITH|リリス
 


▼便座に腰掛けていた沙弓先生を立たせると、フラフラッとよろめく。扉に手をつかせた沙弓先生の背後に回り込むと——「な、何をっ……するつもりっ…ひゃぅっ!? ち、ちょっと鳴和くんっ!? はっ、んっ、はふぅぅぅんっ!」
射精を終えてもなお屹立したままの肉棒を、沙弓先生の淫裂へと押し当てた。先っぽが淫裂に触れた瞬間、沙弓先生の腰がビクンッと跳ねる。その細く締まった腰を掴み、沙弓先生の動きの自由を奪うと——
ずにゅっ、ずぷっ、ずぷぷっ、ずぷぅぅっ!そのまま一気に肉棒を突き込んだ。
「ひゃぅっ!? くっ…ハァアアアアアンッ!!! ふぁっ、ふっ、ふぅぅっ……な、何をっ…何をしてるのですぅっ! ひっ、ひぅっ、んふぅぅぅっ」
ズププッと肉棒を突き込んだ俺を、沙弓先生が信じられないものでも見るような顔で見てくる。
「いや、だから本番を……」
「ほ、本番を…ではありません…っ…ひっ、な、何故っ…入れるのですっ…ふぁっ、ぱ、パイズリをしたらっ…終わりと…っ……い、言ったではありませんかっ」
貫かれる衝撃に身を震わせながら、沙弓先生が喘ぎ喘ぎ言葉を紡ぐ。
「パイズリは終わりで、次はセックスするって事だったんですけど……」
「そ、そんな馬鹿な事っ…あっ、あぁっ、も、もぅっ…奥までっ…ハクッ!? くゥッ……ふっ、ふぁっ、も、もぅっ……奥まで入れてるっ…んぁああっ」
「沙弓先生がっ……グイグイって引き込んでくから」
「わ、私のせいみたいに…ぃ…い、言うんじゃありませんっ……な、鳴和くんが突き込んでっ……奥までっ……突っ込んできてるのでしょぉっ! ハァァアッ!」
「はぅっ、んぅぅっ……沙弓先生、声、大きいんじゃ? ここ、男子トイレだよ?」
「うっ…くぅっ……こ、声を出させたくないのならっ……ぬ、抜きっ…なさいっ……そうすればっ…ひぅっ!? はっ、んぁっ…こ、声っ……出ませんからっ」
「ヤダっ!」
はっきりと拒絶の意を示すべく、更に奥へとズププッと肉棒を埋め込む。
「ンフゥッ!? はっ…ンァアッ……そ、そんなっ……くぅっ…フッ、ンゥッ、ふぁぁっ……こ、子供っ…みたいな事をっ……ひぅっ、あぁぁぁっ、くぅぅっ」
「沙弓先生、シッ! 静かにっ……誰か来たみたい」
「え…っ……!?」
ビクンッと体を震わせてから、そのまま全身を硬直させる沙弓先生。聞こえてきたのは足音と、話をする男子生徒の声だった。
「沙弓先生、声出しちゃダメだよ?」
奥を貫いたまま、沙弓先生の耳元でソッと囁きかけると——
「あふっ…んぅっ……み、耳に息をっ…かけないでっ……ひゃっ…ンッ、ンッ、んぁっ…ふぅぅんっ」
全身が敏感になってしまっているのか、囁きかけただけで、沙弓先生は喘ぐような吐息を漏らしてしまう。
「な、鳴和くん……こ、コレを……ぬ、抜きっ…なさいっ……こ、このままではっ……ひゃっ…あっ…ぁあっ……んくっ……うぅっ…こ、声がっ……」
ギュゥッと膣肉でペニスを締め上げながら、沙弓先生が腰を揺らす。
「コレって……?」
コレが何であるかを知りながら、わざと意地悪く問い返す。
「だ、だからっ……こ、コレを…あんっ……くふぅぅっっ」
「いやぁ、コレじゃ分からないなぁ……はっきり言ってもらわないとね♪」
「あ、あなたという人は…ぁ…っ……くっ、わ、分かってるのでしょ? ぬ、抜きっ……抜きなさいぃ…ファッ、はぁっ、んふっ……くふぅぅぅっ」
扉一枚を隔てた向こうに、男子生徒達が居る。その気配に身を震わせながら、沙弓先生が肉棒を引き抜くようにと言ってくる。
「沙弓先生が、はっきり言ってくれないと、俺、何の事か分からないよ?」
意地悪しているのを自覚しつつ、恥ずかしい言葉を言わせようと、グリッ、グリッと膣奥で肉棒を動かした。
「ち…ち……ちん…っ……ぽ……です…は、早くっ……ぬ、抜きっ…なさい…っ……ひゅっ、フクゥンッ」
必死に声を押し殺し、顔を真っ赤にしながら、沙弓先生がチンポという言葉を口にする。
「あぁ、チンポの事か」
「わ、分かってて…っ……はっ……んぅっ、言ってたのでしょっ……あ、あなたは…ハッ、ハァッ、と、とにかくっ……ぬ、抜きっ…なさいぃ…っ……」
「んっ、沙弓先生が男子トイレでエッチしてるなんて知られたら大変だしね」
腰を掴んだまま、肉棒を引き抜こうとすると——
(右へ続く→)


▼「あ~ぁ、次で授業も終わりだし、やっとって感じだな~」
「ははっ、次の授業は富樫先生の授業だぜ? へへっ、たっぷり目の保養が出来るから、良いじゃないか」
「あっ、そっか。次は富樫先生の授業か。富樫先生美人だし、エロいし、良いよな~」
「ほら、化学の鶴田いるだろ? あいつ、富樫先生の事、何かにつけて誘ってるって話だぜ?」 (なーーーにーーーーっ!? あのキザ教師めーーっ! 俺の沙弓先生をっ!!)
「ひゃっ!? くぅっ……な、鳴和くんっ…? ど、どうしたのです…は、早く抜きっ…んっ、ンゥッ、はっ、はふぅぅぅっ」
引き抜きかけた腰の動きを止めた俺を、沙弓先生が見つめてくる。
「沙弓先生、鶴田に迫られてるんですか!?」
「そ、そんな事っ……な、鳴和くんにはっ……か、関係ないで…っ……しょぉっ…んぅっ、くぅぅっ…ひゃっ、あぁっ…んぅぅぅっ」
「俺が聞いた話だとさ、9組の牧野いるだろ? あいつ、富樫先生にコクったって話だぜ?」
「マジかよ!?」
(なんだとーーーーっ!?)
「へへっ、俺らには高嶺の花なのになぁ。まっ、俺たちはせいぜい夜のオカズにするくらいで」
「やばっ、富樫先生のおっぱい思い出したら、チンコ大きくなってきちゃった」
二人だけとの事で、卑猥な雑談を交わす男子生徒達。
「沙弓先生っ……生徒に告白されたりするの!?」
「ふぁっ…そ、それもっ……な、鳴和くんには…っ……か、関係ないっ……事ですっ……ぷ、プライベートな事は…ふっ、ひっ、んぅぅぅっ!」

「沙弓先生は俺のモノだっ!」
 
   
 
 
 

▼膣穴に溜まった精液と愛液を溢れ出させながら、肉棒を中へと埋め込んでいく。
生温かい汁が男根に絡みついてくる感触。
「おぅっ!?」
その快感に腰を震わせながら、ズプズプッと根元までずっぽりと埋め込むと——
「くぅっ…クゥンッ…ふっ、うぅっ…はふっ…うっ、アッ、うぁっ…はっ、はっ、はぁっ、はふゥゥゥッ」
艶めかしく眉を寄せ吐息を漏らすセクシーな顔が、視界に入ってきた。
「うわっ!? この体勢っ……何だか沙弓先生を征服したみたいで……すっごく興奮する!」
沙弓先生をズップリと貫き征服したような気持ちになると、奇妙な自信が胸の中で芽生えるようだった。
「今度こそっ、沙弓先生にイッてもらうよ!!」
力強い言葉で宣言すると、グリッ、グリッと円を描くように腰を動かす。
蜜壺の中に溜まった蜜汁と精液をかき混ぜるような腰の動きに——
「はふっ!? んっ! んっ! んぅぅぅっ! ヒィッ、ヒッ、ひぁっ! アッ! アァァァッ! あぁんっ!」
濡れた唇からは、リズム良い喘ぎ声が漏れ出てた。
「沙弓先生っ…気持ち良さそうな声出てきてる! こうすれば良いのかな!?」
 体重を押しつけるようにして、ズププッと更に奥を貫くと、
「あっ…ハァァアアッ! くぅっ、つ、潰れちゃうっ…くぅっ、や、止めっ…止めなさいぃ…っ……ヒッ、ヒィンッ、あひぃんっっ!」
沙弓先生が頭を振って止めるように言う。でも、その制止の声は、快感に蕩けたように甘く切ない色を帯びていた。
キュッ、キュッと締め付けてくる膣肉のリズムにあわせ、ギュボッ、ギュボッと腰を振る。
その動きにあわせて、リズム良い喘ぎ声を漏らす沙弓先生。
「んぁっ! んっ! んっ! んはぁっ…こ、こらぁっ…そ、そんなっ…ひぃっ、あぁっ、そんなにコシコシ擦ると…ぉ…ふっ!? ヒゥゥッ、はふぅぅんっ」
「気持ち良くなっちゃう? 沙弓先生、感じてイッちゃう?」
「い、イキっ……ませんっ! な、鳴和くんっ…んぅっ、くぅっ……こ、こんな事っ…はぁっ、ンァッ、ど、どこでっ……覚えてきたのですっ! ひっ、いぁっ」
「勿論、沙弓先生とのエッチに備えて、エロゲ、エロ本、エロDVDで毎日しっかり研究しまくってたから!」
「うっ、あぁっ…そ、その情熱をっ…す、少しでも勉強にぃっ…注ぎなさいっ…ふっ、あァッ! はふぅっ、くぅぅっ」
「何言ってるんですか沙弓先生っ! 研究しまくったからこそ! 今、こうして沙弓先生を気持ち良く出来てるんじゃないですか!」
「ふっ!? アフゥッ! だ、誰もっ…気持ち良くして欲しいなんて頼んでませんっ! ひゃっ、アッ、ひぃっ!? そ、そこはぁっ! んっ、ンンンンンンッ!!」
膣奥を穿っていた肉棒の先っぽが、柔らかい膣肉をゴリゴリっとえぐる。
その瞬間、沙弓先生の全身が強張り、噛み締めた唇から切なそうな声が漏れ出てくる。
膣肉の収縮が強くなると、艶めかしく蠢きながら脈打つ幹をしごき上げ始めた。
「くっ、ふぅっ…ここっ……気持ちイイんだね? 沙弓先生っ!」
敏感な反応を示した場所を、再度、ズンッ、ズンッと突いてみる。
「ひゃぅっ!? ふっ…ひゅぅぅぅっ! や、止めっ…なさいぃっ…そ、そこっ……ズコズコするのっ……だ、駄目ぇっ! あっ、あっ! アァァァンッ!」
「うっ、あぁっ、ま、また締め付け強くなった! さ、沙弓先生っ、そ、そんなにギュゥギュゥ締められたらっ…お、俺っ……イッちゃうよっ!」
「わ、私のせいみたいに…ぃ…い、言うんじゃありませんっ! な、鳴和くんがっ…突いてっ…くるからぁっ! ヒッ!? ハヒッ!? はくぅぅぅんっ!」
「くっ、くぅっ、ま、またっ……出ちゃいそうっ! さ、沙弓先生っ…うぅっ、し、しっかり受け止めてね!」
一度目よりは、余裕があったつもりだったけど、それでも膣肉の強い締め付けに屈したように、亀頭に熱い塊が集まり始める。
いつでも発射OKとばかりに膣奥にめり込んだまま痙攣する肉棒。
「うっ…くぁっ!? はっ、んぅぅっ…な、中でぇ……先生の中でっ…プルプルっ……震えてっ…るっ……はっ、ハァッ! んぁっ、んぁああああっ!!!」
敏感になった膣肉は、肉棒の小刻みな痙攣をも感じ取ってしまうようだった。
またあの怒涛の勢いで、精液が膣穴に吐き出される。
つい今しがた、初めて精液を膣奥に注がれた衝撃を思い出したのか、沙弓先生が切なそうに身悶えをする。
「うっ! くぅっ! で、出るっ! 出るよっ! 沙弓先生っ!!!! またっ…俺っ…先にイッちゃうっ!」
必死に堪えてきたけど、もう限界だった!
※※※
 
 

▼スヤスヤと安らかな寝息をたてていた都先生が、おっぱいへの愛撫に、少し切なそうな声を漏らす。眉がしかめられ、ちょっと感じているようにも見える顔になっている。
(くぅぅっ、人妻の……切なそうな顔っ……人妻ってだけで……威力が倍増するような……)
既に他人の男の妻となった人の乳房を、今、モミモミと揉みしだいているのだ。
その興奮が抑えきれなくなると、ギュムッと手に力を込めてしまった。
「くふぅっ……んっ、ンァッ……はっ、はっ…ふぅっ……はふぅぅんっ」
漏れ出る切なそうな吐息。
(くぉぉぉおっ! が、我慢できなーーーいっ!)
服の上からでは無く、直接乳房を揉みしだきたい。このタユンタユンとしたムチムチおっぱいを直接見て触りたい!
込み上げてくる衝動が抑えきれなくなると、都先生の服に手をかける。
(ごくっ……寝てる……よね?)
改めて都先生の顔を見るが、瞼は閉じられたままで起きる気配は無い。
深い深い眠りの中に落ちているのは間違いなかった。
(よ、よ~し……それじゃ…っ……)
意を決すると、都先生の服をソロソロと静かに持ち上げる。
(み、都先生のオッパイだーーーっ!!)
服と一緒にブラもずり上げると、タプンッと揺れるボリュームたっぷりの乳房が、その姿を見せた。
形、大きさともにダイナマイト級っ!!
真っ白な乳房の先端にあるピンク色の鮮やかな突起。程良い大きなの乳輪と良い、形良い乳首と良い——
(こ、これは……このオッパイは……至高のおっぱいだ……)
超一級のオッパイである事は間違いなかった。
「んぅっ、んぅっ……ふぅ、すーー……んふぅぅんっ」
漏れ聞こえてくる都先生の寝息に込められている甘い吐息。都先生が身を捩ると、プルンッ、プルンッとおっぱいは美味しそうに揺れ動く。
(俺は沙弓先生一筋だけど……でも、でもっ……このオッパイはーーーっ!)
どこまでも魅惑的で、触って欲しそうにプルプルと揺れている。
(無理っ……こんなオッパイ目の前にして、触らずにいるなんて無理ーーっ!)
プチンッと我慢の糸が切れると、魅惑のおっぱい向けて顔を近づける。
「ちゅっ、ちゅぅっ……ちゅぅぅぅぅっ」
「ふぁっ…んっ…はふぅ…ンッ…ンッ……んくぅぅっ」
(す、吸っちゃった。都先生のオッパイ、吸っちゃったっ……えぇい、こうなったら……)
片乳の乳首に吸いつきながら、もう片方の乳首には手を伸ばす。
(むむっ、この弾力っ……き、気持ちいぃっ……)
指と唇で感じ取る都先生の乳首の感触。
「ハフッ…ンァッ…くぅっ……ふぅぅっ、あぁ、アナタ…ぁ…アッ、ンッ、はぁっ…ハッ…くふぅぅぅんっ」
眠ったままの都先生が漏らしたアナタという言葉。
(夢の中で、旦那さんにオッパイ触られてると思ってるのかな?)
清楚な人妻都先生の乳首を吸って弄っている。
その愛撫を旦那さんだと思っている都先生。
(おぉぉっ! 背徳の香! お、恐るべし人妻……)
いつもの何倍にも艶めかしい都先生の姿に、股間はギンギンにいきり立ったままだった。
「ちゅっ、ちゅぱっ……ちゅるっ、れろろっ……ちゅぷぅぅっ」
「ンフッ、ファッ…あっ、あぁっ…はふっ、あっ、あんぅっ……オッパイ…チュウチュウなんて甘えん坊さん……んっ、んくっ…アナタったら…ぁ……」
夢うつつのままの都先生は、俺の愛撫を完全に旦那さんと勘違いしていた。
(うわっ、都先生にオッパイチュウチュウなんて言われると…っ……)
勃起しまくりのペニスは、もうおさまりがつかなかった。
※※※
 
 
 

▼ パンパンと膝の上を叩くと、沙弓先生がお腹を気にしながら、ユックリと乗りかかってくる。
「準備万端だね♪ グシュグシュマンコは♪ ほらっ、んっ、ゆっくり腰落として良いよ。俺が、しっかり支えておくから」
「はぁっ…ンァッ…んふっ! ふっ! ヒュッ…ひっ、ひぅぅっ……ふぁあああっ! な、鳴和くぅんっ…う、動いちゃ…ダメよっ…い、今はっ……動いちゃダメっ」
「分かってるよ。俺たちの愛の結晶に危ない事、出来ないからね」
 沙弓先生がバランスを崩さないようしっかりと支えながら、大きく膨らんだお腹を見る。
「もう少しで、俺もパパになっちゃうのか~」
 優しくお腹を撫でると、新たな命の息遣いが手の平に伝わってくるようだ。
「フッ…んぅっ…はぁぁっ…そ、そうですよっ…だ、だからっ…もっとパパとしてっ…自覚をっ…エッチな事っ…ばかり考えずにっ…ひっ、アッ、あぁぁんっ」
「それは、沙弓先生も同じでしょ? 沙弓先生だって、今は俺に負けないくらいエロエロになっちゃってるし♪」
 ズプリッ、ズプリッと自ら腰を落としてくる沙弓先生の耳朶を噛むと、くすぐるように囁きかける。
 その甘い愛撫にビクンッと全身を震わせた沙弓先生が、潤んだ瞳で抗議するように俺を見てきた。
「わ、私はっ…そ、そんなにっ…エロエロになんて…ぇ…なってませんっ…ひぅっ、アッ、アァッ…鳴和くんと同じなんて…そんな…事…っ……絶対に無い…ぃ……」
「こんなにグチョグチョに濡らしてるのに? オマンコ、大洪水だよ?」
 濡れそぼった膣肉が、ギュッ、ギュッとリズム良く肉幹をしごき上げてくるのを感じながら、少しだけ腰を動かす。
 ジュブッ、グチュッと蜜汁がかき混ぜられる音が沙弓先生の耳に届くと——
「こ、これは…ぁ…はっ、ンァッ…ふぅぅぅっ…な、鳴和くんがっ…ま、毎日っ…毎日セックスっ…シテッ…くるからぁ……こ、こんな風に反応するようにっ……」
「な、鳴和くんのせいでっ……こ、こんな風になったの…っ…ですっ…ひぁっ、アッ♪ アンッ♪ だ、だからっ……わ、私はエロエロではっ…ありませんっ……」
 頭を振った沙弓先生は、断固として自分がエロエロだという事を認めようとしない。
「え~~っ。その理論おかしくない? だって、こ~んなにグチョグチョになってるのは、沙弓先生のオマンコだよ?」
 また腰を動かすと、グチュグチュッとさっきよりも大きく音を立てて膣穴を肉棒でかき混ぜる。
「ふひゃぁっ!? グチュグチュ……な、鳴かせっ…ないで…っ…お、オマンコっ…かき混ぜてっ…な、鳴かせっ…ないで…ぇ…っ……はっ、あふぅぅぅんっ」
「それじゃ、コッチは?」
※※※
 
LILITH|リリス