年齢認証

あなたは18歳以上ですか?

サイトにはアダルトコンテンツが含まれています。
18歳未満の方のアクセスは固くお断り致します。

いいえ
はい、18歳以上です
 受精してよ千鶴さん! ~人妻と恋するひと夏~|LILITH

スマホゲーム版
近日発売予定

Androidアプリ版

受精してよ千鶴さん! ~人妻と恋するひと夏~

発売日

2013年7月20日

カテゴリ

ゲーム

レーベル

Lilith

ジャンル

中出し 人妻 妊娠/孕ませ 和姦 体操着 ブルマ 寝取り

企画

EDEN

原作

フレーム

原画

のぶしと

シナリオ

フレーム

監督

EDEN

INTRODUCTION

STORY

  • 俺、塩沢皆人は暑い日差しにチリチリと肌が焼かれている中
    夏祭りのうちわを扇ぎながら学校帰りの道を歩いていた。
    (もう十年も経つのか……)
    夏祭りの団扇を見ると一人の女性のことを思い出さす。
    今から十年前、千鶴さんは家の都合で引っ越してしまった。
    まだ子供だった俺は、引っ越しを知った時から、ずっ
    と拗ねてしまって、まともにお別れの挨拶も出来なかった。
    その事が今でも心残りになっている。
    (千鶴さん、どうしてるのかなぁ……)
    まだ幼かった頃、両親が共働きで、一人で居る事が多
    かった俺の面倒を見てくれた千鶴さん。
    歳の離れた弟に接するかのように、千鶴さんは色々と世話を焼いてくれた。
    (千鶴さん、綺麗だったよなぁ)
    このうちわを配っているお祭にも、浴衣姿の千鶴さんと一緒に行った事がある。
    そんな昔のことを思い出すと、俺の肩は小さくなり落ち込んでしまう。
    そんなショボくれた俺の背中から綺麗な声を人が俺の名前を呼ぶ。
    「皆人くん……?」
    「え……?」
    名前を呼ばれて振り返ると、一人の女性が立っている
    のが視界に入ってくると、息が止まる程の驚きに包まれて
    しまった。
    「千鶴……さん……?」
    整った顔に穏やかで可愛らしい笑みと仕草。
    「私の事、覚えてくれてたんだ」
    「千鶴さんっ!!!!」
    「ふふふっ、久しぶりだね皆人君。すっかり大きくなっちゃって」
    目の前に現れたのは、幼い頃から憧れていた千鶴さんであった。
    「あ、あの、お久しぶりです……」
    (この再会は、運命に違いない!)
    「でも、ふふふっ、覚えていてくれて良かった」
    「千鶴さん、その…すごく綺麗になったけど、雰囲気とかは昔のままだったから…」
    「もぅ、皆人君がお世辞言うなんて、何だか変な気分だわ。でも、嬉しいなぁ。
    皆人君も、すごく格好良くなったよ」
    千鶴さんと話しているだけなのに落ち着かない!
    成長していることを見せて弟みたいではなく一人の男性としてみてもらいたい。
    「ふふっ、この制服懐かしいなぁ。私も引っ越ししなければ、この制服着てたのよね」
    「千鶴さん、この制服を着るの、すごく楽しみにしてたよね。
    友達にいって女子の制服を借りれると思うけど、着てみる?」
    千鶴さんに制服に関して話を降ってみるも歳が歳だからと遠慮されてしまった。
    「そんなことより、皆人くん。
    今日の7時頃っておじさんとおばさんはお家にいるかしら?」
    「父さんと母さん? あぁ、うん。 7時頃だったら、もう父さんも帰ってきてるよ…
    え!? なに? 千鶴さん、家に来るの?」
    「うん。おじさんとおばさんにご挨拶しなきゃいけないから」
    俺は気持ちが盛り上がり、
    今から一緒に家に行こうと伝えるも千鶴は少し用事があると断ってくる。
    俺は盛り上がった気持ちを切り直し、家で皆で待っていることを伝え、別れる。
    千鶴さんが昔よりも綺麗になったと思いながら俺は帰宅の途につく。
  • ピンポーン♪
    家のチャイムがなる。
    千鶴さんが来たことを知らせる音であった。
    俺は鏡の前で服装や髪の毛のセットを確認する。
    「髪型OK…口臭も大丈夫! 歯も二回洗ったし、クチュクチュもしたからな」
    母さんに呼ばれリビングに行くと、千鶴さんの他に見知らぬ男性がいた。
    「お邪魔してるね皆人君」
    「お邪魔してます、皆人君」
    男性は栗原拓斗さんと名乗ると、
    俺のことを千鶴さんから話を聞いているということであった。
    千鶴さんの口が開くと、もっとも聞きたくない一言を言われる。
    「皆人君、私ね。今年の春に、拓斗さんと結婚したの」
    俺は心の中で叫んでしまう。
    でも、俺は平静を装いつつも、視界が滲み涙が零れそうになってしまう。
    「お、おめでとう!」
    感情を堪えながらお祝いの言葉を述べると、2人は嬉しそうに喜ぶ。
    俺の両親も2人を祝い、食事会が開かれる。
    父親と拓斗さんはお酒を飲み会話が弾んでいる。
    俺をはじめ千鶴さんと母さんは男性2人を置いて
    美味しいお菓子を食べようと食べ始める。
    「おばさん、本当、これすごく美味しい」
    「でしょ? 少しお酒が入っているのが、隠し味って言ってたわ」
    「そうですね、うん。ちょっとお酒が効いてるのかな? でも、全然気にならない」
    俺は千鶴さんの結婚を聞いてから目の前のケーキを食べるも味気を感じられない。
    「み~な~と君!」
    千鶴さんが、グイッと俺の腕を引っ張ってきた。
    「えっ!?」
    千鶴さんが絡んでくる。しかもさっきとはまるで別人である。
    その姿はお酒を飲んだ酔っぱらいのようであった。
    お菓子に少しだけ入っているお酒で、すっかり酔ったようになっていた。
    酔った千鶴さんは大胆な行動をとってくる。
    そんな行動をされ、俺はひとつの考えに行き着く……
    (千鶴さんを……取り戻す事が出来るかも……)
    千鶴さんの結婚ということで
    絶望の深淵にまで追いやられたが一筋の光がさしたのだ……
    (俺だって、千鶴さんの事が好きなんだ! だから…もしチャンスがあるのなら…)
    結婚してしまった千鶴さんを振り向かせるのは至難の技かもしれない。
    千鶴さんを好きという気持ちがある限り、諦める訳にはいかなかった!
  • 俺、塩沢皆人は暑い日差しにチリチリと肌が焼かれている中、夏祭りのうちわを扇ぎながら学校帰りの道を歩いていた。
    (もう十年も経つのか……)
    夏祭りの団扇を見ると一人の女性のことを思い出さす。
    今から十年前、千鶴さんは家の都合で引っ越してしまった。
    まだ子供だった俺は、引っ越しを知った時から、ずっと拗ねてしまって、まともにお別れの挨拶も出来なかった。
    その事が今でも心残りになっている。
    (千鶴さん、どうしてるのかなぁ……)
    まだ幼かった頃、両親が共働きで、一人で居る事が多かった俺の面倒を見てくれた千鶴さん。
    歳の離れた弟に接するかのように、千鶴さんは色々と世話を焼いてくれた。
    (千鶴さん、綺麗だったよなぁ)
    このうちわを配っているお祭にも、浴衣姿の千鶴さんと一緒に行った事がある。
    そんな昔のことを思い出すと、俺の肩は小さくなり落ち込んでしまう。
    そんなショボくれた俺の背中から綺麗な声を人が俺の名前を呼ぶ。
    「皆人くん……?」
    「え……?」
    名前を呼ばれて振り返ると、一人の女性が立っているのが視界に入ってくると、息が止まる程の驚きに包まれてしまった。
    「千鶴……さん……?」
    整った顔に穏やかで可愛らしい笑みと仕草。
    「私の事、覚えてくれてたんだ」
    「千鶴さんっ!!!!」
    「ふふふっ、久しぶりだね皆人君。すっかり大きくなっちゃって」
    目の前に現れたのは、幼い頃から憧れていた千鶴さんであった。
    「あ、あの、お久しぶりです……」
    (この再会は、運命に違いない!)
    「でも、ふふふっ、覚えていてくれて良かった」
    「千鶴さん、その…すごく綺麗になったけど、雰囲気とかは昔のままだったから…」
    「もぅ、皆人君がお世辞言うなんて、何だか変な気分だわ。でも、嬉しいなぁ。皆人君も、すごく格好良くなったよ」
    千鶴さんと話しているだけなのに落ち着かない!
    成長していることを見せて弟みたいではなく一人の男性としてみてもらいたい。
    「ふふっ、この制服懐かしいなぁ。私も引っ越ししなければ、この制服着てたのよね」
    「千鶴さん、この制服を着るの、すごく楽しみにしてたよね。
    友達にいって女子の制服を借りれると思うけど、着てみる?」
    千鶴さんに制服に関して話を降ってみるも歳が歳だからと遠慮されてしまった。
    「そんなことより、皆人くん。今日の7時頃っておじさんとおばさんはお家にいるかしら?」
    「父さんと母さん? あぁ、うん。 7時頃だったら、もう父さんも帰ってきてるよ…え!? なに? 千鶴さん、家に来るの?」
    「うん。おじさんとおばさんにご挨拶しなきゃいけないから」
    俺は気持ちが盛り上がり、今から一緒に家に行こうと伝えるも千鶴は少し用事があると断ってくる。
    俺は盛り上がった気持ちを切り直し、家で皆で待っていることを伝え、別れる。
    千鶴さんが昔よりも綺麗になったと思いながら俺は帰宅の途につく。
  • ピンポーン♪
    家のチャイムがなる。
    千鶴さんが来たことを知らせる音であった。
    俺は鏡の前で服装や髪の毛のセットを確認する。
    「髪型OK…口臭も大丈夫! 歯も二回洗ったし、クチュクチュもしたからな」
    母さんに呼ばれリビングに行くと、千鶴さんの他に見知らぬ男性がいた。
    「お邪魔してるね皆人君」
    「お邪魔してます、皆人君」
    男性は栗原拓斗さんと名乗ると、俺のことを千鶴さんから話を聞いているということであった。
    千鶴さんの口が開くと、もっとも聞きたくない一言を言われる。
    「皆人君、私ね。今年の春に、拓斗さんと結婚したの」
    俺は心の中で叫んでしまう。
    でも、俺は平静を装いつつも、視界が滲み涙が零れそうになってしまう。
    「お、おめでとう!」
    感情を堪えながらお祝いの言葉を述べると、2人は嬉しそうに喜ぶ。
    俺の両親も2人を祝い、食事会が開かれる。 父親と拓斗さんはお酒を飲み会話が弾んでいる。
    俺をはじめ千鶴さんと母さんは男性2人を置いて美味しいお菓子を食べようと食べ始める。
    「おばさん、本当、これすごく美味しい」
    「でしょ? 少しお酒が入っているのが、隠し味って言ってたわ」
    「そうですね、うん。ちょっとお酒が効いてるのかな? でも、全然気にならない」
    俺は千鶴さんの結婚を聞いてから目の前のケーキを食べるも味気を感じられない。
    「み~な~と君!」
    千鶴さんが、グイッと俺の腕を引っ張ってきた。
    「えっ!?」
    千鶴さんが絡んでくる。しかもさっきとはまるで別人である。
    その姿はお酒を飲んだ酔っぱらいのようであった。
    お菓子に少しだけ入っているお酒で、すっかり酔ったようになっていた。
    酔った千鶴さんは大胆な行動をとってくる。
    そんな行動をされ、俺はひとつの考えに行き着く……
    (千鶴さんを……取り戻す事が出来るかも……)
    千鶴さんの結婚ということで絶望の深淵にまで追いやられたが一筋の光がさしたのだ……
    (俺だって、千鶴さんの事が好きなんだ! だから…もしチャンスがあるのなら…)
    結婚してしまった千鶴さんを振り向かせるのは至難の技かもしれない。
    千鶴さんを好きという気持ちがある限り、諦める訳にはいかなかった!

CHARACTER

栗原 千鶴

くりはら ちづる

CV:ひむろゆり

皆人の近所に住んでいたヒロイン。
昔は主人公の家の近くにすんでいたが
両親の仕事の都合上で引越しすることになる。
その後結婚をし、彼女は昔の街に戻ってきた。
皆人と再会し彼に結婚したことを告げる。
昔も今も皆人の姉的な感じで彼を弟のように愛でている。
お酒に弱く、お酒を飲むと絡み酒になり挙句には
キス魔最悪はエッチをする酒乱っぷりを発揮する。
なので、基本はお酒を避けている。
夫とは基本は上手くいっているが、夜の営みは1ヶ月以上もない。
明るく面倒みのよいお姉さんで、献身的な一面をようしているが
寂しくなると誰かと一緒にいたくなる。

塩崎 皆人

しおざき みなと

学園に通う主人公。近所のお姉さんであったヒロインの千鶴に恋をしていた。
だが突如彼女が親の仕事上で引越しをすることになり
失恋状態になりその後誰も愛さなくなる。
だが月日が経ち、引越しをした千鶴が地元に帰ってくると
彼女の口から結婚したことを聞かされる。
そんな彼女と再会し彼女のお酒の弱い一面を見て
彼女を振り向かせるために彼女にお酒を飲ませるために
色々と画策する。

栗原 拓斗

くりはら たくと

栗原千鶴の旦那。
最近は仕事が忙しくなり、あまり千鶴にかまっている暇がない感じである。
千鶴には申し訳ないと常日頃感じている。
千鶴同様皆人を弟とか、後輩的なかんじに見ている。
甘いもの、お酒が大好き。

MOVIE

CAST&STAFF

CAST&STAFF

  • CAST

  • STAFF

栗原千鶴

ひむろゆり

企画

EDEN

原作

フレーム

原画

のぶしと

シナリオ

フレーム

グラフィック

チーム山平佐児

音楽

こっけ(http://agstudio.jp/)

演出

EDEN

監督

EDEN

制作

Lilith

SPEC

pagetop