Spec

【 Windows 】

OS:Windows 7(64bit)以上 / 推奨ブラウザ:Google Chrome(64bit)

【 Android 】

OS:Android 4.4以上 / メモリ:2GB以上

バージョン記載のないものは最新バージョンとなります。
上記は推奨環境となり、動作を保証するものではありません。
掲載内容は予告なく変更される場合があります。

【 注意事項 】

事前登録キャンペーンの特典内容は、リリース後にプレゼントボックスへ配布されます。
サービス内容は予告なく変更される場合があります。
ページ内にあるゲーム画像は開発中のものであり、実際のゲーム画面とは異なる場合があります。
Prologue

闇の存在・魑魅魍魎が跋扈する近未来・日本。

人魔の間で太古より守られてきた“互いに不干渉”という暗黙のルールは、人が外道に堕してからは綻びを見せはじめ、人魔結託した犯罪組織や企業が暗躍、時代は混沌へと凋落していった。
しかし正道を歩まんとする人々も無力ではない。
時の政府は人の身で『魔』に対抗できる“忍のもの”たちからなる集団を組織し、人魔外道の悪に対抗したのだ。

人は彼らを“対魔忍”と呼んだ………

対魔忍たちの里、五車町。
全国に点在していた忍びを集め作られた対魔忍の本拠地である。
その町を見下ろす山腹に建てられた五車学園は、対魔忍の司令部としての機能と、次代の対魔忍を鍛える養成機能を合わせ持ついわば対魔忍組織の中枢である。

そんな学園のグラウンドの隅で気ままに過ごす男の姿があった。

名をふうま小太郎。人は単に“ふうま”と呼ぶ。
本名ではない。代々受け継がれし名だ。
彼は忍びの名門、邪眼使いとして名高いふうま宗家を継いだ若き当主である。

「こいつは面白いな」

彼は校舎から死角となる木陰で寝転びながら興奮している。
五車学園の書庫で発見した『異聞万川集海』を読んで。
この本は、主に大名に雇われた傭兵集団として知られる忍びのもうひとつの側面、魔を狩る対魔忍としての歴史と、その忍法が詳述された歴史書である。
ひとりの対魔忍にはひとつの忍法が宿る。
ある忍法使いが死ねば、その者の血統の中からやがて同じ忍法使いが出現する。
ある一族は優秀な水遁使いを多く輩出し、またある一族からは火遁使いが多く生まれるなど、原則的には血統によって受け継がれるとされている……
本書はそういった体系的血統的な忍法遺伝論に始まり、歴史上どのような人物がいてどう活躍したかといった、具体的なエピソードまでが記されている。
これは現代にも通用する貴重の情報で、また非常に面白いのだ。対魔忍同士の戦闘で一番にものは言うのは情報であり、敵の能力を知る事は勝敗に大きなアドバンテイジを与える。

(五車学園の書庫を拝むために、このつまらない政府の犬の養成機関に入学した言っても過言ではないな。
まあ、強引な姉上の顔を立てるためでもあるが)

読書と思考を深める繰り返しのうちに、ふうまは頬を撫でる心地よい風にほだされていつの間にか寝入ってしまう。

「おい、起きろ」

ふと、脇腹を靴先で突かれる痛みに起こされる。
目を開けると数人の男たちに取り囲まれていた。
見知った顔ばかり、ふうまの同級生たちだ。

「ふうま宗家の当主たる男が相変わらずだな」

こちらを見下ろし毒づく男。
名を二車骸佐(にしゃがいざ)。
ふうま一門の頭目衆の一つ、二車家の男である。
ふうま一門にはふうま八将と呼ばれる頭目衆が存在し、ふうま宗家はその筆頭。
他の七つの家はいわば親戚衆である。とはいえ、時代が時代なら、他の七家は親戚と言えども家来。
つまりふうまは骸佐の主君なのだが、骸佐の態度は家来のあるべき姿とは程遠い。

「俺の眠りを妨げるほどの用でもあるのか骸佐?」
「ふうま一門の面汚しが、いつまでそうして昼行灯でいるつもりだ?
邪眼も操れぬ当主様がよおッ!?」

ふうま一門は代々邪眼使いとして有名である。
邪眼とは異能系忍法の一種で、その視線そのものに魔が宿る能力。
見たものを石化させる邪眼、見たものを魅了して操る邪眼などその力は様々。
ふうまの亡き父も邪眼使いだったし、この骸佐もまた邪眼使いである。
しかしふうま自身にその力は無かった。生まれながらに右目が開かず、成長する中でも邪眼の力が覚醒する事は無かったのだ。
力を持たぬ彼を指して“目抜け”と揶揄する者は多く、骸佐もそのうちの一人であった。

「愚痴なら時子に言ってくれ。おっと、学園では時子先生だな。
すまんが俺は読書に忙しいんだ。他に用が無ければほっておいてくれよ」
「“目抜け”がふざけるなッ!!?」

骸佐は寝転んでいるふうまの襟首を掴むと、その細身からは信じられぬ腕力で掴みあげ殴り飛ばす。

「来いよ目抜け野郎!?」
「……やれやれ」

ふうまはぬるりと起き上がるも、本を拾い何事も無かったように読書を続けようとする。
まったく抵抗を見せない様子に、骸佐の取り巻きたちが囃し立てる。殴られても何もできない腰抜けであると。

「骸佐、何をそんなに苛ついている?」
「いいか!?ふうまは対魔忍随一の一門だ。どこにも属さねえし政府の犬でもねえッ!?
だが肝心な当主様が腰抜けの能なし野郎ときてる!?
これが苛つかずにおれるか糞がッ!!?」
「クク……政府の犬か。なら何でお前はここにいる骸佐?」
「何ィッ!?」

骸佐が再びふうまを殴ろうとした所で、「待ちなさい!」と制止の声が飛ぶ。
登場したのは、ひとりの女生徒。
名を相州蛇子(そうしゅうへびこ)。ふうまや骸佐の同級生であり学級委員長である。
代々ふうま家に仕える下忍の家柄で、昔から何かと構ってくる存在だ。

「よお、委員長。これから面白いとこなんだよ。何の用だ?」
「ふうまちゃんに用があるの。譲ってくれないかしら?」
「断る」
「墨吐くわよ」
「ぐっ……!?」

その言葉に骸佐が怯む。
相州蛇子は獣遁の術使い。
その中でも花型とされる“獣化忍”、獣の力をその身体に宿す超人系の対魔忍だ。
そして彼女の獣化タイプは“Devilfish”、つまりタコ化する。
名前は蛇子だがタコになるよく分からん女だ。
何でも蛇子は彼女の曾祖母の名前で、曾祖母はその名の通り大蛇に獣化していたとか。
そんな彼女がタコ化して放つ墨は学園内では有名で、墨を付けられると三日三晩臭いが取れないと恐れられているのだ。

「蛇子、目抜けになんざ忠誠誓っても無駄だぞ!?」
「そんなんじゃないわよ骸佐ちゃん」
「けっ!?」
骸佐は蛇子を睨みながらも意外に素直に引き下がる。
恐れを知らぬ風の骸佐も、蛇子の墨に苦い思い出があるのか。

「ちっ、雑魚にかまってる暇はねえ。行くぞ」

と骸佐は取り巻きに指示し、

「いいか目抜け!?俺の邪魔をするな。邪魔をすれば殺す!!!」

と捨て台詞を残して去っていった。

「助かったよ蛇子。それで何の用だ?」
「時子先生が探してたわよ」
「なるほど、それはまずいな」
逃げようとするふうまの体を蛇子の触手が捕らえる。
いつの間にか蛇子は獣化し、そのタコ足でふうまの体をぐるぐる巻きにしていた。

「蛇子の吸盤からは逃げられないわよ♪」
「おい糞っ!?やめろ蛇子!?」
「抵抗すると墨吐くわよ?三日三晩は魚臭いわよ?」
「……やれやれ、わかったよ」

こうして蛇子に囚われたふうまは学園の地下にある施設へ連行される。
そこは補講授業の会場。
散々授業をさぼった報いに数時間に渡り補講を受けたのだった。
五車学園の教師を務める腹違いの姉、ふうま時子先生の指導のもと。

「……お疲れ様でした。
お館様、これに懲りたら今後はちゃんと授業を受けてくださいね」
時子は教師であるが、プライベートではふうま宗家の執事の家柄。
父の妾の子として生まれたが、すぐ執事の家に養子に出され、今は何代目かの執事を務めている。
執事とは当主のもと、家内一切を取りまとめる管理職であり、家来筆頭である。
つまり腹違いの姉であり教師であり、また家来でもある関係なのだ。
とはいえ、没落しつつあるふうま宗家には、時子以外に家来は無く、本来従者の務めである当主の身の回りの世話までも時子が務めているのが実情であるが。

「明日からメシを作らないと言われれば従わざる得ないだろうが……」
「ふふふ♪」
するとそこに再び蛇子登場。
「やれば出来るじゃない」
「お前何でいるんだよ」
「暇潰し」
「ちっ。見世物じゃねえぞ」
「お館様、良く出来ましたね。
ご褒美に稲毛屋での買い食いを許可しちゃいますよ」
「マジか時子!?」
稲毛屋とは五車町にある数少ない娯楽の一つだ。
かつては房術を操ったという婆さんが営む駄菓子屋で、そこで夏に出される絶品ソフトクリームは有名である。

「ほんと子供ね、ふうまちゃん」
「うるせー!いつまでいるんだよ。早く帰れよ」
「私もふうまちゃんを連行したご褒美に
稲毛屋のソフトクリーム、時子先生に奢ってもらえる約束なの♪」
「何だよお前もかよ」
「うししし♪ささ、行きましょう♪」

すると突然、警報が鳴り響く。

「お館様、この警報は……!」
「ああ、これは襲撃を告げる警報だ」
「対魔忍だらけの学園に襲撃とはいい度胸ね。どこの勢力かしら?」

すると時子は教師らしく、二人にここで待機しているよう指示すると、状況確認のため地上へと出ていった。
するとふうまは蛇子に「行くぞ」と告げる。

「時子先生が待機してろって言ったじゃない」
「馬鹿を言うな!こんな面白そう……もとい非常事態こそ俺たち対魔忍の出番だろうが!
五車学園のおいては生徒であろうと俺たちは対魔忍だろ?」
「都合の良い時だけ勝手な言い分ね。怒られても知らないわよ?」
「お前も興味津々の癖に!」
「うふふ。少しだけ覗いてみましょうか」
「おう!時子に知られなければ問題なし!」

ふうまと蛇子が外に出るとあちこちで戦闘が起きていた。

「ふうまちゃん!?対魔忍同士で戦っているわ!?」
「ああ、つまり反乱か!ふむ………こいつは面白いな」
「呆れた感想ね、やっぱり危険だわ。時子先生の言うとおり避難しておきましょう」
「馬鹿いうな!いったい誰が反乱を起こしているのか気になるだろうが」
「ちょっとふうまちゃん!?」

ふうまが先に行こうとすると、向こうから悲鳴が聞こえる。
しかもこっちへ近づいてくるようだ。

「な、何だ!?まあ、いい。俺を守れ蛇子!」
「ど、どうしてよ!?」
「俺は忍法は使えん目抜けだぞ。忘れたか?」
「何よそれ!?」
蛇子が獣化して構えると悲鳴の主が全力疾走して来るのが見える。

「うああああああああああああああ」
「あいつは!?」

逃げて来る小柄な男子生徒と、それを追う反乱軍らしき対魔忍。
「や、やめてくれよ!?お、俺は戦闘に不向きなんだよ!?」
「黙れ!同志にならぬなら抹殺あるのみだ」
「ひぃいいい」

悲鳴の生徒は同級生の上原鹿之助(うえはらしかのすけ)。
電遁の術使いである。
一瞬派手な忍法に思えるが、雷を操る雷遁の術とは違い、生命体に存在する僅かな電気を操るのが主体の忍法で、その力は冬場の静電気程度とされる。そのため最も向いている任務は電気工事だと揶揄されるほどで、おおよそ戦闘向きの忍法ではないと本人も自認している。

「鹿之助を囲む対魔忍ども、見覚えがあるな」

泣き叫ぶ鹿之助を包囲する反乱軍の対魔忍たちを見ると、
なんと先ほど骸佐の取り巻きにいた同級生たちであった。
彼らはふうまと蛇子に気づくと、

「お、腰抜け当主様とタコ女がこんな所にいたぞ」
「我らは政府の犬に成り下がった対魔忍の現体制を討伐すべく立ち上がったふうま正義派だ。
我々に従うなら共に戦え。従わない場合はこのチビと一緒に抹殺する」
「うわああ蛇子にふうまじゃねえか!?助けてくれええええ」

地獄に仏とばかりにふうまと蛇子の後ろに隠れる鹿之助。

「お前らが反乱軍の一味とはな。骸佐も絡んでいるという事か?」
「雑魚が知る必要はない。従うか死ぬか、選べ目抜け」
「悪いが俺は誰にも従うつもりはないな」
「蛇子も同感よね」
「お、俺もだぞ!」
「雑魚どもが。後悔するぞ」

反乱対魔忍たちはついに得物を抜く。
彼らは完全に三人を血まみれにするつもりらしい。
獣化の忍法を操る蛇子の戦闘力は未知数ではあるが所詮はタコ、墨さえ恐れなければどうということはないだろうし鹿之助は静電気、ふうまの当主に至っては忍法すら使えない無能である。

「ぐひ! へ、蛇子にはとどめを刺すなよ。殺すのはお楽しみの後だぜ」
「ああ、目抜けの死体の前でたっぷり可愛がってやりてえぜ」
「……蛇子、お前随分慕われていたようだぞ」
「ぞっとするわね」
「おいいい!どうやって逃げるんだ!?」
「逃げるわけないだろう。蛇子、鹿之助。 俺のいう通りに動け。
 そうすれば簡単に勝てる」
「言ってくれるわね」
「お、おい、ふうま!?俺を戦力に入れるなよ!?」
「鹿之助、お前そんなビビリのくせに、何であいつらに従わないんだ?その方が楽だろ」
「ば、馬鹿言うな!俺は正義の対魔忍なんだ。そりゃ弱いけど、死んだって悪の手先になんかなるかよ!」
「その覚悟があるならお前は立派な戦力さ」
「む、無茶言うなよ!?静電気でどうやって戦うんだよ!?」
「それはお前が忍法の使い方を分かっていないからだ。
俺から言わせればお前の電遁の術は充分使える」
「俺の忍法が……!?」
「いいから俺の言う通りに戦え!行くぞ!」
「ひぃいいいい」

突然の反乱騒ぎに巻き込まれたふうまの若き当主、そしてタコ娘と静電気チビ。
果たして三人の運命は!?
風雲急を告げる五車学園で何が起ころうとしているのか!?

対魔忍
Game Info

iTween https://github.com/jtothebell/iTween/blob/master/iTween.cs

Copyright (c) 2011 Bob Berkebile (pixelplacment)
Please direct any bugs/comments/suggestions to http://pixelplacement.com

Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy of this software and associated documentation files (the "Software"), to deal in the Software without restriction, including without limitation the rights to use, copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell copies of the Software, and to permit persons to whom the Software is furnished to do so, subject to the following conditions:

The above copyright notice and this permission notice shall be included in all copies or substantial portions of the Software.

THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND NONINFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL THE AUTHORS OR COPYRIGHT HOLDERS BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER LIABILITY, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING FROM, OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR OTHER DEALINGS IN THE SOFTWARE.

TERMS OF USE - EASING EQUATIONS
Open source under the BSD License.
Copyright (c)2001 Robert Penner
All rights reserved.
Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided that the following conditions are met:
Redistributions of source code must retain the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer.
Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer in the documentation and/or other materials provided with the distribution.
Neither the name of the author nor the names of contributors may be used to endorse or promote products derived from this software without specific prior written permission.
THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE COPYRIGHT HOLDERS AND CONTRIBUTORS "AS IS" AND ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED. IN NO EVENT SHALL THE COPYRIGHT OWNER OR CONTRIBUTORS BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.

UniRx https://github.com/neuecc/UniRx/blob/master/LICENSE

The MIT License (MIT)

Copyright (c) 2014 Yoshifumi Kawai

Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy of this software and associated documentation files (the "Software"), to deal in the Software without restriction, including without limitation the rights to use, copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell copies of the Software, and to permit persons to whom the Software is furnished to do so, subject to the following conditions:

The above copyright notice and this permission notice shall be included in all copies or substantial portions of the Software.

THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND NONINFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL THE AUTHORS OR COPYRIGHT HOLDERS BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER LIABILITY, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING FROM, OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR OTHER DEALINGS IN THE SOFTWARE.

Spine https://github.com/EsotericSoftware/spine-runtimes/blob/3.6/LICENSE

Spine Runtimes Software License v2.5

Copyright (c) 2013-2016, Esoteric Software
All rights reserved.

You are granted a perpetual, non-exclusive, non-sublicensable, and non-transferable license to use, install, execute, and perform the Spine Runtimes software and derivative works solely for personal or internal use. Without the written permission of Esoteric Software (see Section 2 of the Spine Software License Agreement), you may not (a) modify, translate, adapt, or develop new applications using the Spine Runtimes or otherwise create derivative works or improvements of the Spine Runtimes or (b) remove, delete, alter, or obscure any trademarks or any copyright, trademark, patent, or other intellectual property or proprietary rights notices on or in the Software, including any copy thereof. Redistributions in binary or source form must include this license and terms.

THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY ESOTERIC SOFTWARE "AS IS" AND ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED. IN NO EVENT SHALL ESOTERIC SOFTWARE BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES, BUSINESS INTERRUPTION, OR LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.