▼ストーリー▼
勧進学園にいる一人の問題児。
遅刻にサボリ。授業中の居眠りに、テストは赤点ばかり。
教師達の頭痛のタネとも言うべきその問題児は、今日もいつものごとく寝坊をし、遅刻しそうになっていた。
「やばーーいっ! 今日は一時間目は体育じゃないかっ! この授業だけは遅れられんっ! よーっしっ! ショートカットだっ!!」
学園のちょうど裏にある山道。
鬱蒼と生い茂る木々が陽光を隠し昼間でも薄暗い場所だが、ここを通れば少なくとも10分は時間を縮められる。
遅刻を避ける為というよりも——遅刻により体育教師の与える罰を避ける為、山道を選ぶ少年。
「はっ、はっ、はぁっ、も、もう少し……うわっ!?」
「ぴよぴよぴよーーーーっ!?」
息せき切って駆けていた少年の足もとには黄色くモフモフした小さな生き物が!?
ぶちゅっ!!!
「ぎゃーーーーーーーっ!?」
グニュッとした感触が靴を通して足の裏に伝わると同時に叫びをあげる少年。
「お、おいっ!? 大丈夫か!?」
慌てて足を上げるが、そこには——
「ぴ……よ……ピ…ヨ…ォ……」
今まさに息絶えたモフモフと黄色く可愛らしかった亡骸が。
「うわぁぁっ!? やっちまったーーっ! 許せっ!! そんなつもりは無かったんだーーっ!!」
亡骸に声をかけるが、既に黄色くモフモフしていた生き物からの反応は無い。
「うぅっ……」
殺生をしてしまった事を悔いながら、小さな穴を掘るとそこに亡骸を埋める。
「うわっ!? もうこんな時間。今は時間が無いけど、後でまた来るから! それじゃっ、ナムナム!」
手を合わせてから、すぐにまた駆け出す少年。
だが、その少年が後で来る事は無かった。

数週間後——

「あ〜っ、遅くなっちゃったなぁ」
帰宅部にも関わらず、陽が暮れるまで学校に残っていた鳴和照智が、教室を出る。
既に部活を終えた生徒達の姿もまばらになっている。
照智がこんな時間まで残っていたのは、補習を受けさせられた為。
ただ、それだけならこんなに遅い時間にまではならないのだが——
補習を受けなければならないような酷い成績にも関わらず、補習中に爆睡するといった、完全に教師をなめ切った態度が、こんな時間まで居残りさせられた理由となっていた。
「はぁぁ、お腹すいた〜」
通常の通学路を通れば、学校から家までは15分以上かかる。
だが、学校の裏手にある山道を抜ければなんと5分で家に着く事が出来た。
「ショートカットするか」
遅刻常習者の照智にとっては、通常の通学路よりも通い慣れた道。
正門からではなく裏門を抜けると、ショートカットの山道へと向かった。
「うぅ、さすがにこの時間になると、ちょっと気味悪いな」
既に陽は暮れている為、電灯も何もない山道は薄暗く少々不気味な雰囲気を醸し出している。
「そう言えば、この辺り痴漢だか変質者だかが出るって話だったよなぁ……」
この山道ショートカットを使っているのは照智だけでは無かった。
何人もの学園の生徒が使っているのだが、数週間前から変質者が出ると、生徒達の間で噂になっていた。
「うぅっ、まぁ、俺は男だし……いやいや、しかし男好きな変質者だったら?」
ブルッと寒気を感じると、何とも心細くなってくる。
「か、帰ろう……」
自分に言い聞かせるように呟いた照智が足を踏み出そうとしたその時——
びゅんっ
照智の耳元を、いきなり鋭い風が吹き抜ける。
「え……?」
何が起こったのかと眼を見開いた照智が、自分の耳に手を当てると——
びゅんっ!
再び鋭い風が、今度は首筋を吹き抜けていった。「出ましたね! 覚悟なさい」
脳天に突き刺さるような鋭い声に、金縛りにあったように動けなくなってしまう照智。
「あぅっ、あの……覚悟って……」
闇の中から現れたのは、目のやり場に困るような薄い布地を纏っただけの女性。
「わわわわっ!? 変質者って痴女だったのっ!?」
「誰が痴女ですかっ!?」
「んっ? この声は……富樫先生……?」
聞き覚えのある声だと思ったら、日本史の授業を担当している『富樫 沙弓』だった。
「富樫先生が……痴女……?」
「痴女ではありません! 私は……今は説明をしている暇はありません。用が無いのなら、すぐに帰りなさい。ここは……っ……!!!!!」
富樫先生の声が途切れたかと思うと、照智は背後で感じた激しい悪寒に全身を硬直させる。
「うぁっ、あぁ……」
「くっ、男の影に隠れていたのか! ちょうど良いわねっ、この場で封じる!」
「え? え!? あのっ! ちょっとぉーー!?」
十分な盛り上がりを見せる胸。その胸の中から、何か鋭いものを取り出す巫女さん。
くないのような物の束の部分には、札が取り付けられている。
その、取りあえず刺さればすごく痛そうなくないを両手にいっぱい持つと、その切っ先を照智の方へと向けた。
「先生っ!! 刃物は人に向けちゃいけないんですよ!? 子供の頃に習いませんでしたか!?」
この意味不明な悪寒は、くないを向けられているせい?
気を動転させながらじりじりっと後退ると——
「動くなっ!」
捕らえた獲物を逃すまいとするように、鋭い声が放たれる。
その声によってまた金縛りにあったように動けなくなってしまう照智。
「あぅっ、あぅ、お、お助けを〜、も、もう先生の授業で居眠りも早弁もしませんので〜」
「…………」

 
 




照智の必死な懇願を冷然と無視した沙弓の手首が翻る。
「わぁぁぁっ!? ほ、本当に投げたーーっ!?」
ビュンッと風が頬をよぎり、くないが照智のすぐ後ろの気に突き立つ。
「ち、ちょっと、待って待ってって! わっ、わぁっ!?」
次から次に放たれるくないが、照智の顔、首筋、腕、足のすぐ横をすり抜けていく。
「あぅぅぅぅ」
がくがくとした膝の震えが大きくなると、照智はその場にへたり込んでしまった。
だが、沙弓はへたりこんだ照智に目を向ける事もなく、さっきまで照智が立っていた闇を睨みつける。
木々に突き立ったくないが、一つの形を作ったのを確認すると——
「もう逃がさないわ。今度こそ封じる」
空になった両手で素早く沙弓が印を刻み始めた。
口の中で詠唱が始まると、へたりこんだ照智の背後で闇が蠢き出す。
「ち、ちょっ……な、何? どーなってるの?」
泣き出したい気持ちになりながら、照智がどうにか震える声を出す。
地の底から響くような低く轟く声。手をついた地面が波立つように蠢いている。
何か尋常でない事が起こっている。
本能がそう告げてくるが、普通に慣れきってしまった照智には、その異常さを理解する事は出来なかった。
どぉぉぉぉぉぉぉっ
激しく木々がざわめく程の風が起こったかと思うと、目の前に居る沙弓に、その風が吹きかかる。
その荒れ狂う風の中で、服が切り裂かれるにも関わらず印を組んだまま詠唱を続ける沙弓。
「ば、馬鹿なっ……力が強くなっている!?」
「な、何だかわからないけど……す、すごい……何だこれ!?」
もしかしたら、自分はまだ学校の補習中で、夢をみてるのかもしれない。
そう思えば、今あり得ない事が起こっている現実も、何だか受け入れる事が出来る。
「おぉぉぉっ!」
押しつけていたものが無くなったように、胸元からボリュームたっぷりの乳房が飛び出してくる。
その先端にある突起を見た瞬間、照智はそこの視線を釘づけにしてしまっていた。
「また力を増すとは……このまま、逃がしてしまえば……くっ、とんだ失態になる」
沙弓の印を切る手の動きが激しくなると——
「あ、あれ……?」
吹き荒れる風の力が少しずつ鎮まってきた。
「このまま……封じるっ!」
「えぇ〜っ、もっと見たいんだけど、風吹け、風吹け〜っ」
沙弓の全裸を見るまで納得出来ないとばかりに、照智が風よ吹けと念じる。
「くっ、な、何故だっ、どこにこんな力が…っ……だがっ……何としても」
「風吹け、風吹け〜〜っ」
「ぐぅぅっ!! 喝っっっ!!」
「わぁああああっ!?」
何かが体の中——精神の中に入ってくるような違和感。
ドロリとしたものに侵食されていく恐怖と衝撃に、悲鳴にも似た声が照智から発せられる。
「しまったっ! まさか、中に逃げ込むなんってっ」
照智を見た沙弓の顔に浮かぶ動揺の色。
「させないわっ!」
新たに印を切り、聞きとれない程の早口で詠唱をするが——
「くっ、止められないっ!?」
「うっ、うぁああああああああっ!」
闇の中に絶叫を響かせて、照智はそのまま糸のきれた操り人形のように、ぐにゃりと地に倒れ伏してしまった。
長い長い間、深い闇の中を漂っていたようにも感じるなか、意識がゆっくりと戻ってくる。
「俺……何して……」
フラフラとなりながらもゆっくりと立ち上がると、目の前には沙弓の姿があった。
「うわっ!? い、命ばかりはっ!! お助けをーーーっ!!」
沙弓を見た照智は、あの出来事が夢では無かったという事に、改めて身の危険を感じ取る。
くないでブスブスと串刺しにされかねない事を思い出すと、恥も外聞も無く地に頭を擦りつけた。
「…………」
「ぴよぴよぴよ……」
地に擦りつけた頭から聞こえてくるヒヨコの鳴き声。
「あれ……?」
そろそろと顔を上げ、自分の体を見ると——
「俺の体……透けちゃってる……!? えぇぇっ!? 俺死んじゃったのーーーっ!?」
まるで幽霊のように、体は透明になり。そして——
「ぴよぴよぴよ」
頭上にヒヨコを鎮座させていた。
それに俺は驚き学園まで響き聞こえそうなでかい声で叫んでしまった。
「な、なんじゃこりゃぁぁぁーーーーっ!?」

こうして頭にひよこを乗せ、そのひよこの呪いで透明化してしまう照智とひよこの呪いを解くために身体を張る沙弓先生の封魔払い学園性活がはじまるのであった……!

 
LILITH|リリス