LILITH|リリス
ブラックリリス
  リリストップ
リリスとは?
淫魔に取り憑かれた主人公が淫乱化の病!? 救うにはHして射精すること!? 「ご、ごめんお姉ちゃん……」「いいから……セックスしなさい……っ」
お祓いお姉さん!〜弟を誘惑しなさいっ〜
お祓いお姉さん!〜弟を誘惑しなさいっ〜
お祓いお姉さん!〜弟を誘惑しなさいっ〜
制作 リリス
ジャンル お姉さんにHな
お祓いをされるADV
監督 EDEN、栗栖
演出 EDEN
企画・原作 栗栖
シナリオ 栗栖、フレーム
原画 金目鯛ぴんく 
音楽 折倉俊則、徒雅
グラフィック チームやしがに
備考 女の子ボイスあり
音声個別on/offあり
CG鑑賞モードあり
シーン回想モードあり
既読スキップあり
随時セーブあり
通販で予約/購入
DL【ダウンロード版を購入】
ディーエルサイトコム
【ディーエルサイトコム】
 
SURPARA.MARKET
【SURPARA.MARKET】
 
 
ディー・ドリーム
【ディー・ドリーム】
 
デジぱれ
【デジぱれ】
 
 
デジケットコム
【デジケットコム】
 
DMM
【DMM】
 
SPECIAL【デモムービーなど】
DEMO MOVIE 【デモムービー】
15.2MB
以下のミラーサイトさんからもダウンロードした頂けます
まるちいんさいど。さん / こころんにあるみらーさん /  mirror.fuzzy2.comさん
ラピスたんさん  /  Mirror D-Stationさん / つんでれみらーさん / ぜいもえさん
STORY【ものがたり】
暗くなり始めた教室。
薄闇に包まれながら、主人公の東雲恵(しののめけい)とその姉の乙香(おとか)は、お互いに向き合っていた。

「……お、お姉ちゃん……」 「……恵は、黙ってなさい」

暗くてもわかるくらい、乙香は顔を朱色に染め上げて、身体を小刻みに震わせていた。

「早く始めなさいよ乙香! それとも、男の誘惑の仕方も知らないのぉ〜?」

恵に取り憑いた淫魔のインク。
急かすように、そして、からかうように乙香をなじる。
乙香は歯を食いしばって悔しがるものの、身体をプルプルと震わせながらぷいっとそっぽを向いた。
そして、ゆっくりと手を動かして、制服へと伸ばす。
一度制服をぎゅっと握り込むと、決心したように離して、前をはだけ始めた。

手が震えて、なかなかうまくいかない。
それでも徐々に、肌が露わになる。
羞恥のために、白い肌は赤く染まっていた。
豊乳を包んだ下着が、はだけた制服から、覗いた。
ごくっと唾を飲み込んで見守る恵。
喉がからからになって、心臓が早鐘のように打つ。
息が苦しい……。
これが、淫乱化の兆候。
恵は欲望を抑えられなくなってきて、淫乱化してしまう自分を感じながら、何でもそつなくこなす憧れの姉、乙香のこんな姿が見られることに、もの凄い興奮を覚えていた。
さらに乙香は、制服のスカートへと、手を伸ばす。
裾をきゅっと両手で掴むと、緩慢な動作で自分から捲り始めた。
徐々に徐々に、乙香の白い太腿が露わになり……

「くぅ……っ」

途中で恥ずかしくなって、乙香は捲りかけのスカートを慌てて下ろした。

「何やってるのよ!? 恵がどうなってもいいの!?」

じれったように、インクが声を荒げる。
弟の、恵の命がかかっているのだ。
乙香は瞳をぎゅっと閉じる。
そしてまた、乙香はスカートの裾を持ち上げた。
今度は下着が見えるまで捲り上げていく。
恵は乙香に申し訳ないと思いながらも、頭が真っ白になるほどの興奮に侵されていた。
ズボンに押し戻されて、股間が痛いほどに。

「わぁ♪ 恵興奮してるみたいよ? しっかり誘惑できたじゃない!
 さあて、お腹ぺこぺこだし早くエッチしてね二人とも♪」

インクが、恵の背中を押した。
恵は勢い余って、教室の床に乙香を押し倒してしまう。

「……ご、ごめんお姉ちゃん……」
「……恵……しなさい」
「うぇっ!? でも……」
「いいから……セックスしなさい……っ」

乙香は言い切ったものの、赤く染まった顔を横へと向けた。
恵は、なぜこんなことになったのかと、思い返していた。

 
恵と乙香は代々続く祓魔師(悪魔払い)の家系で、表向き学生として暮らしながら、人に仇為す妖たちを退治する事を生業としている。
その日の朝も、前日の晩に街で妖怪騒動があり、上ノ水流(かみのみづる)学園へと通う道すがら恵は大きなあくびをする。

「たるんでるわよ恵、しゃんとしなさい!」
「……で、でも」
「でも、何!?」
「……ごめんなさい」

こんなやり取りをしながら歩いていると、周りにいる登校途中の生徒達からひそひそ話が上がる。
あのお姉さん、また弟がいじめられてるぜ、とか、
弟君てお姉さんの下僕よね可愛いのになどといった会話だ。
今日はまだマシな方のなのだが、乙香の目立たずにはおれない美貌がどうしても周囲の目を集めてしまうのだ。
やがて学校に着いて姉と別れると恵の周りに級友たちが群がってくる。

「今日のお姉さまも美しい〜」
「東雲の姉ちゃんてさ、ほんとにすげえ美人なのにな」
「そうだよ。あれで優しかったりすりゃ……
 俺の中で3日に1度から毎日のオナペットアイドルに……!」
「……しなくていいから」

放課後になって。
元々料理部だったのを姉に強制的にやめさせられ、無理矢理入らされたオカルト研究部の部室から恵は帰ろうとした。
姉は先に部室を出てどこかで恵を待っているはずだ。

「急がないと怒られる〜」

恵は夕闇迫る廊下を急ごうとすると――

「しののめけい みーけっ!」

そうして淫魔インクに声をかけられたのが、そもそもの始まりだった。
恵はインクに魂を人質に取られ、遅いからと様子を見に来た乙香と、エッチをするハメになってしまったのだ。インクの腹を満たすために……。

「インクは、取り憑いた相手からではなく、取り憑いた相手と異性をセックスさせて、
 その異性から吸精するという淫魔の変種みたいなものかな……?」
「失礼ね! 流儀が違うって言ってもらえる!?」

ともかくも、インクに取り憑かれた者は淫乱化してしまい欲望を我慢すると死んでしまうという。

「……性質の悪い病原菌みたいな奴ね」
「ムっ!!! 恵! 乙香に中出しよ♪」
「なっ!? それだけはダメよ恵!!」
「はぁはぁっ、お姉ちゃんに……中出しっ! うぅぅぅっ!!」
「中はダメ! 中出しダメぇえええっ!!」

淫乱になってしまった恵は、欲望のままに、姉の膣に大量の射精してしまう。

「これからしばらく、乙香から精気をいただくからよろしく〜♪」

二人にエッチを強制した本人が、呑気にそう言った。

「これからしばらくということは……」

恵の淫乱衝動が起こるたびに、半ば強制的にセックスをしないといけない姉弟。
動揺する恵の隣で高笑いのインク。
さらにその隣で怒りに震える乙香は、拳を力の限り握り締めるのだった。

「……絶対祓ってやる」

CHARACTER【登場人物】
東雲 恵(しののめ けい) 上ノ水流(かみのみづる)学園に通っている本作の主人公。
祓魔師(悪魔払い)見習いで、いつも姉の乙香の補佐役をしている。
自分よりも力が遙かに上で、さらに何でもそつなくこなす乙香に憧れている。今は憧れ以上の感情も抱いている。
しかし――
以前料理部に所属していたが、祓魔の緊急の仕事が入ると困るからという理由で、乙香に無理矢理やめさせられて、乙香と同じオカルト研究部に入り直しを強制された。
と、こんなことをされたり、理不尽なことで怒られることが多いため、乙香からは嫌われていると思っている。
乙香と違って料理は得意。
淫魔インクに取り憑かれてしまい、憧れのお姉さんとエッチできるのはいいが、やはり罪悪感を抱いていて複雑な心境。乙香とエッチをしてしまったことで、さらに嫌われたのではと内心びくびくしている。
東雲 乙香(しののめ おとか)
本作のヒロイン。
主人公の姉。同じ上ノ水流学園に通っている。
美人で何ごともそつなくこなすため天才タイプ。しかし性格には難ありで、学園内では笑わない女王と言われるほどいつもツンケンしていて、同性も異性も近寄りがたい存在。
自分に厳しく人にも厳しい人。特に主人公には激しく厳しい。
主人公に自分以外の女性が近付くことをよく思っていないらしく、主人公が他の女性と親しくしていると、途端に機嫌が悪くなる。
主人公と違ってとても霊力が高く、祓魔師のエキスパート。東雲家始まって以来の天才と言われている。
両親が死んでしまったため、東雲神社を継承し切り盛りしている。
職業柄オカルト研究部に所属していて、普段仕事のない時はここに顔を出している。
主人公を人質に取られ、仕方なく淫魔インクの言うことを聞いて、恥ずかしがりながら主人公を誘惑したり、奉仕したりとエッチな行為に及ぶ。
CV:榊木春乃
サンプル01 サンプル02 サンプル03 サンプル04
東雲 乙香(しののめ おとか)
見習い淫魔!? インク
人間界に精を吸いにやってきた淫魔。
性格は勝手気ままで超小悪魔。
淫魔としてはまだまだ半人前で、自らの身体を使って精気を吸い取ることができず、人間の身体を乗っ取ってエッチをさせ、そこから間接的に精気を吸い取っている。
今回は主人公の身体を乗っ取り、主人公の魂を人質に乙香を脅して、恥ずかしいことばかりさせては悦に浸っている。
淫魔教本なるものに基づき、淫魔の吸精の基本は誘惑からと、乙香に主人公を誘惑させたり、中出しを強要したり。
いつも淫魔の教本を持ち歩いている。
通常は普通の人(霊感のない人)からは見えないため、学園にまで主人公達についてくる。
CV:梅里ミーオ
サンプル01 サンプル02 サンプル03 サンプル04
見習い淫魔!? インク
北御門 千尋(きたみかど ちひろ)
乙香とは同じ学年の男子。
怖くて誰も寄りつかないと学園で噂の、オカルト研究部の部長。
可愛い物好きであり、主人公が大のお気に入りで、主人公にベタベタしてはいつも乙香にボコボコにされているガチゲイ。
実はこの人がいるために、オカルト研究部には人が寄りつかないと目されている。
オカルト研究部の代表らしく、オカルトのことについては妙に詳しい。
霊感もあるらしく、インクの姿が見える。
彼の祖父が上ノ水流学園の理事で、奇天烈なアレンジの制服は黙認されている。
北御門 千尋(きたみかど ちひろ)
GALLERY【学園恋愛コメディ&オカルト&姉強制誘惑】

 お姉ちゃんはインクの言葉に唇を噛むと、恥ずかしそうに、僕から視線を外した。
「早くしてあげなさいよ乙香ぁ♪ ちゃんと恵を
 誘惑して、いっぱい興奮させてあげてね♪」
「……っ」
 インクのイヤらしい言い方に、お姉ちゃんは悔しそうに呻く。
 けれど、僕のために、お姉ちゃんは躊躇いがちに口を開いた。
「……け、恵……っ、口で、お、おちんちん……
 気持ち良くして、あげるから……っ」
「……っ!」
 昨日は手でして貰ったけど、今度は口でなんて……。
 ダメだとわかっているのに、僕はすごい興奮を覚えてしまう。
「私の口でっ……ぅ、気持ち良くなって……
 せ、精液……っ、たくさん出しなさい……っ」
「あっ……!? お姉ちゃん……くっ……」
 お姉ちゃんの手が、僕の肉竿を包み込む。
 昨日と同じように、お姉ちゃんの手は少し汗ばみ、
しっとりとして、けれど、とても柔らかい。
 握られただけで、僕はペニスをビクッと跳ねさせてしまった。
「んっ……! 手で握っただけでも……
 気持ち、いいの……?」
 僕の反応に、お姉ちゃんもピクリと身体を揺らして、羞恥に頬を染めながら僕にチラリと視線を向ける。
 僕は声を出せず、うんうんと首を振った。
「……そう」
 微笑んだわけではないけれど、お姉ちゃんの呟きには安心したような声色が含まれているように感じた。
「て、手で持つだけで気持ちいいなら……口で、
 したら……もっと気持ちいいと、思うわ……っ」
 お姉ちゃんの上と下の唇がくっついて、離れ、ぷるんと柔らかそうに弾んで、扇情的に形を変える。
 時折、ピンク色の舌先が覗いて、ちろりと口内でぬるりと蠢く。
 お姉ちゃんの口の動きに艶めかしさを感じて、僕はまた、興奮を高めてしまっていた。
「私が……ふぇ、フェラチオして、あげる……
 舌でぺろぺろ舐めて……唇を、きゅっと締めて……
 おちんちん、しごいてあげる……っ」

 お姉ちゃんを感じさせることができて、興奮が頂点に達した僕が、もっと抽送を強くしようとしたとき……
「ねぇ、この神社でお参りしてく?」
「おいおい、何でこんな夜遅くにお参りなんだよ?」
「──ッ!?」
 不意に、神社の外で、若いカップルらしき人達の声が聞こえてきた。この神社の前を通りかかったらしい。
 お姉ちゃんが悲鳴のような声を上げたので、僕はそこで腰を止めた。
「なあにぃ、怖いのぉ?」 「……んなわけねーよ!」
「……」
 お姉ちゃんは、息を呑んでじっとカップルの会話に耳を澄ませながら、ピクピクと痙攣したように身体を震わせている。
 その震えが膣肉にまで伝わったのか、秘唇の粘膜が痙攣したように蠢き、肉棒を締め上げてきた。
「……っ!」
 締め付けられる快感に、僕は我慢ができなくなって、止めていた腰を動かし始める。
「あぁ……!? け、恵……ッ!? 今は……
 んくぅっ、ダメよ……っ、はあぁっ」
 ダメという割りに、お姉ちゃんの身体はビクビクと震え、膣肉の締め付けがより一層強くなる。お尻の穴までヒクヒクと息づき、お姉ちゃんは僕の前でとても淫らな反応を晒していた。
「おい、もう行くぞ」 「あ、ちょっと待ってよぉ」
「恵……っ、もう少しっ、んあぁっ……待って……っ」
 カップルが戻ってくることを心配しているのか、お姉ちゃんはまだ言葉だけで抵抗をする。けれど、膣裂からは愛液がとろりと溢れ出て、膣内の肉粘膜も射精を促すように収縮していた。
「はぁはぁっ、もっ……出そぅっ!」
「あっ……ん、外に、出すのよ……中は、
 ダメだからっ……んくぅっ、早めに、抜きなさいっ」

 足音が、もうすぐそこまで警備の人が来ていることを知らせていた。
 うああ! どっ、どうしよう……?
 お姉ちゃんとこんな狭い場所に入る気恥ずかしさと、焦る気持ちがない交ぜになる。顔が熱くなり、どきどきと心臓が高鳴る。
「おもしろそうだね恵♪」
 インクの声が聞こえないくらい、僕は緊張していた。
「何してるの恵、早く」 「うわっ」
 お姉ちゃんの手が伸びてきて服を掴まれ、僕は中へと引き込まれる。
「むぅー、インクを無視するな!
 インクも一緒に入る!」
「な……ッ!?」 「インク!?」
 ことごとく無視されたことに腹が立っていたみたいで、インクは僕を押すようにして無理矢理ロッカーに入ってきた。
 そして静かに、ロッカーのドアが閉まる。
「このバカ淫魔! 何でアンタまで入ってくんのよ?」

「ど〜お、恵? インクの初めてのフェラチオ♪
 気持ちい〜い?」
 インクって、初めてなんだ……。
 初めてなのにこんなに上手いのは、やっぱり淫魔だからなのかな。
 唾液の乗った舌を肉竿の亀頭や側面に這わせて、インクは僕のペニスをよだれ塗れにしていく。
「べろっ、ちゅっ……れろえろっ……こんなに
 チンポビクビクしてるんだもん、気持ちよく
 ないわけないよねぇ〜♪ べろべろぉ〜っ」
 カリ首の部分を舌で圧迫して、べろべろとエラを捲るように舐め上げてくるインク。僕はインクの問いかけに、うんうんと頷くことしかできなかった。
「ふふっ♪ 気持ちいいんだね恵♪ よだれもたまって
 きたし、もっとすっごいことしちゃうね〜♪」
 インクは小さな口をいっぱいに開けて、僕の勃起ペニスをくわえ込んだ。しかもただくわえ込んだだけじゃなくて、口内の粘膜に亀頭を突き刺すように、横にくわえる。
「もごぉ……ふもっ、ぐぷ……ぐぴゅ、んぶぅっ」
 インクは、自分の頬の裏側の肉に、僕の肉棒をグリグリと押し付け、擦り付ける。亀頭は、まるで膣肉を掻き分けるように、口内粘膜に突き刺さって、抉り取る。
 生温かい唾液とぬるぬるの粘膜の感触に、僕はインクの口の中で肉茎を跳ね回らせていた。
「ここ……きもひいいへひょ〜……? ぐぷ、
 ぬびゅ、んぐっ、んぶぅ……ぐじゅぷ、くぷぅっ」
 顔を横に傾けて、インクは僕の肉槍を根元の方まで飲み込む。唇の締め付け感と、口中の肉のぬめる感触が、僕の頭の中を射精したいという欲望一色に染め上げる。
「んぶっ、んばぁっ……はぁ……チンポすっごい
 味が出てきてるよぉ……先走りの精液、いっぱい
 出してるんだね〜♪ べろっ、えろれろれもっ」
 インクは、口の中から肉棒を吐き出して、また舌で愛撫してくる。真っ赤な熱い舌が、亀頭から根元へ、根元から
亀頭へ、粘つく唾液の糸を引かせながら蠢く。
「あぁっ……恵のチンポおいしいよ♪
 こんなにおいしいなら、もっと早くにフェラチオ
 しとくんだったなぁ〜♪ れるっちゅっ、はぶむぅ」
 まるでアイスでも舐めるみたいに、本当に美味しそうに、インクは肉竿をべろべろ舐め上げる。そして、膣に挿入するみたいにゆっくりと、硬く勃起した陰茎を、口の中に飲み込んでいく。
「ふぶぅっ、ん……ぐぷ、ぐぽっ、ぐじゅ……
 ぐぶぅ、ぐじゅっ……ぐぼぽ、くぷっ、ぐぷっ」
 インクは、顔を横にしながら口内に肉棒を深くくわえ込む。
 インクの頬に、僕のペニスの形がくっきりと浮かび上がっていた。
「ぐちゅぷ、んぶぷっ、んぐん……ぐぼぉっ、
 ぐぷ、んぐぶぅっ……ここが、きもひひ〜の?」
 亀頭を頬の内側の肉で擦りながら、インクは上唇と下唇で肉棒の横側を締め付けながらしごいてくる。カリ首から根元まで、インクの顔が行ったり来たりするたびに、僕は腰を跳ね上げる。
「んぶっ、んっ! ぐぶ、ぐぼぉっ、くぶぶっ……
 んふっ♪ ……きもひひ〜んらね〜♪」
 僕が感じているのを知って、インクは妖しくて、けれど嬉しそうな笑みを僕に向けてくる。

 屹立した肉棒をうっとりと見つめたまま、お姉ちゃんは真っ赤な舌で舐めてくる。
「チュッ、チュルッ、ペロッ、ピチャチャッ」
 精液と蜜汁のまとわりついた幹を、お姉ちゃんは丁寧に舐め上げていく。幹を伝って登ってくる快感に、腰が震える。
「チュルッ、んぅっ、あぁ、おちんちん……
 ピクピクして、ずっと我慢してたのね……
 恵……精液、いつでも出していいから……」
「ダメだよそんなんじゃ!
 恵ちっとも気持ちよくないよねぇ?」
「あっ!?」
 お姉ちゃんを押し退けるようにして、インクがグッと割り込んでくる。インクもまた、舌を突き出して、チロチロと先っぽを舐め始めた。
「くっ……邪魔しないでっ」
 お姉ちゃんは、インクを押し返す。
「んっ、ぺろぺろっ、乙香だけじゃ
 もの足りないよね? ほらぁ♪
 チンポの先っぽ、嬉しそうにひくついてる♪」
 インクは、今度はカリ裏へと舌を動かしていく。
「チュルッッ、チュッ、チュプププッッ」
「く……! 恵……口の中に入れてあげるから……
 んっ、ハムッ、ンブゥゥッ」
「あんっ、乙香ぁ、やっぱりチンポくわえたくて
 しかたなかったんだぁ♪」
「ジュッ、ンムッ、フゥッ、ンムゥゥゥッッ、
 うるひゃいッ」
 悪戯っぽく笑うインクの顔をチラッと横目に見てから、お姉ちゃん顔を上下に動かす。
「ズッ、ズズッ、ジュルッ、チュブゥッ、恵ぃ……
 クフッ、ふぁっ、ここが気持ひいいの……?」

 ヒシッとお姉ちゃんに抱きついたまま、身動きせずに、膣肉の締め付けを肉棒で味わう。
「ねぇねぇ、聞いた〜?」
 不意に、女子生徒の声が聞こえてきた。
「――ッ!?」
「ッ!!?」
「あぁ、ひょっとして、東雲さんのこと?」
 東雲さんって、お姉ちゃんのことだよね?
 お姉ちゃんの膣内にペニスを入れたまま、外から聞こえてくる声に聞き耳を立てる。
「野球部の友近君から告白されたのに、
 断ったらしいよ。信じられないよね〜」
「うん。頭も顔も良くて野球部のエースなのに、
 断っちゃうなんてさぁ」
「……お姉ちゃん、本当なの?」
 思わず小さな声で、お姉ちゃんに問いかけてしまう。
「くふっ、んぅっ……ふぁぁぁ、
 あぁ、んぅ、ほんとよ……あぁっ……」
 僕なんかよりもずっと格好いい人に、お姉ちゃんが告白された。そのことを意識した瞬間、何だか少し面白くない気持ちになってしまった。
「くっ、ふぁっ!? んっ……恵……ま、待って……
 ま、まだ動いたら……あぁぁッ!」
 お姉ちゃんを責め立てて、僕の肉棒でイカせてしまいたい。

 ドプドプドプドプドプドプドプドプゥウウウッ!!
 ペニスの先端に集まった熱が暴発したかと思うと、お姉ちゃんの子宮に向けて精液が飛び出していった。
「いぁっ☆ ひっ……!? 出てっ、あぁぁっ、
 出てるふぅっ、赤ちゃん汁子宮に出てるのぉッ!!」
 絶頂に達した瞬間、お姉ちゃんの中で我慢の糸が切れたのかも知れない。ジョロジョロと恥ずかしい音を立てて、肉の狭間にある尿道から、黄金色の液体を噴き出していた。

 こんな場所でお姉ちゃんとセックスするだけでも興奮するのに、こんなにイヤらしく悶える姿を見せられると、僕の理性は吹っ飛んでしまいそう。僕の頭の中は、悦楽一色に染め上げられていった。
「早くっ、ふぅっ……あっ、おっぱいチュウチュウ
 しながらっ、チンポでグチュグチュしてぇっ……!」
「ちゅぶぶっ、んっ、んっ、んんん!」
 乳首に吸い付いたまま、グイグイッと貫くようにお姉ちゃんを肉槍で突き刺していく。
「ひっ! いぃっ! あぁっ、気持ちいいのッ……
 あっ、あぁぁぁ!」
 突き入れるペニスの動きに合わせて、お姉ちゃんも腰をくねらせる。膣肉の締まりはさらに強くなって、肉竿を思い切り食い締めてきた。
「すごいっ……すごいっ、チンポ突きぬけちゃうっ、
 身体から突きぬけちゃう……ッ!」
「お、お姉ちゃんっ……! くぅっ……
 締め付け過ぎっ、そんなにされると……ッ」
「あっ、あぁっ、子宮たたかれるの……
 最高……! うっ、あっ、ひぁぁぁッ!」

SPEC
ジャンル
:お姉さんにHなお祓いを
 されるADV
発売日 :12月28日(金)発売(パケ版)
:12月21日(金)発売(DL版)
定価 パッケージ版 :
\2100(本体\2000)
ダウンロード版 :
\1890(本体\1800)
メディア : CD-ROM 1枚
OS : WindowsMe/2000/XP/Vista
 日本語版
Direct-X : DirectX7.0以降
必須CPU :Intel Celeron / PentiumIII
 500MHz相当以上 推奨
必須メモリ : 64 MB(必須) / 256 MB(推奨)
解像度 : 800×600(ハイカラー以上)
VRAM :128MB以上推奨
アニメ : なし
CG鑑賞 : あり
シーン鑑賞 : あり
音楽鑑賞 : なし
音声個別on/off : あり
音源
: PCM
主題歌 : なし
音声 : あり(女性のみ)
備考 : -
ページのトップへ
お問い合せ よくある質問 サイトマップ リンク copyright