LILITH|リリス
ブラックリリス
  リリストップ
リリスとは?
主人公は魔界の跡取り!?姉が花嫁候補!?突然権力を手に入れた暴走弟の禁断の5日間が始まる!さらにボリューム増量してお贈りする新たな姉孕ませアドベンチャー☆姉☆孕みっくす2!
姉☆孕みっくす2
姉☆孕みっくす2
姉☆孕みっくす2
制作 リリス
ジャンル 姉孕ませADV
企画 笹@
原案 松本竜
監督 笹@・EDEN
シナリオ 松本竜
原画 ズンダレぽん
グラフィック チームピエール髭工房
備考 女の子ボイスあり
CG鑑賞モードあり
シーン回想モードあり
既読スキップあり
随時セーブあり
通販で予約/購入
DL【ダウンロード版を購入】
ディーエルサイトコム
【ディーエルサイトコム】
 
SURPARA.MARKET
【SURPARA.MARKET】
 
 
ディー・ドリーム
【ディー・ドリーム】
 
デジぱれ
【デジぱれ】
 
 
デジケットコム
【デジケットコム】
 
DMM
【DMM】
 
STORY【ものがたり】
主人公の聡司(さとし)はHに興味深深な学生。
生まれたときから両親はなく、年の離れた二人の姉との3人暮らし。
いつもの朝。いつもの日課。
朝の弱い長姉・はるかを起こすのが日課の聡司、ベッドから降りてはるかの部屋に向かう。

「また採点したまま寝ちまったのかよ、おきろよホラ、はるか姉っ」
「ううー。もう少し寝かせて……今日は学校休むからいいのー」
「よくねぇよ教師がさぼるなよ」「聡司ちゃんはよくさぼってるくせにー」
「俺は学生だからいいんだよ……ほら、さっさと起きろって」
「休みたい〜。ううん、お姉ちゃんもう学校やめる〜」
「勘弁してくれ、俺と沙希姉が路頭に迷うだろ」
「そしたら聡司ちゃんがお姉ちゃんの面倒見て〜」
寝ぼけたまま聡司に寄りかかってくるはるか。
「んふ〜♪ 聡司ちゃん、大っきくなった……」
はるかを抱きとめながら、思わず胸が高まる聡司。

これも日課だ、堪えろ俺……!
どんなに美人で胸がでかくていい匂いがしておっとりしていて優しくて、
学校では生徒にも人気があってそのくせ男っ気なくて胸がでかくて、胸が、胸が……我慢しろって俺!

なんとかはるかを起こすと次は……

「遅いっ!」
もう一人の姉、沙希を起こしに行くと、沙希はすでに制服に着替えまで済ませ、仁王立ちで主人公を待ちかまえている。

「つーか俺が起こしに来る必要ないんじゃねえのか?沙希姉は朝強いんだから……なんで機嫌が悪いんだよ」
「うるさいっ! おはようっ」「わあっ! おはよう」
「聡司ははるか姉に時間をかけすぎだっ」
「しょうがねぇだろあの人低血圧なんだから」
「なーにが『あの人』だ、ホントは『お姉ちゃーん』とか呼びたいくせに。甘えたいくせに」
「なっ……! そんなわけ、ねえだろっ……!」
「図星か! ムカつく! お前は昔からそうだ、弟は!」
「うわあ! 手を上げるなよっ! 朝から暴力かよっていうか痛ぇよ痛いです、やめてッ!」

体が密着するのも構わず、プロレス技まがいのものを仕掛けてくる沙希。
むき出しの太腿をからみつけやがって、勃起しても知らねーぞ!?
「兄妹だからって、遠慮なさ過ぎじゃねぇのか……?」
「聡司は私の子分なんだから、私の言うことを聞けっ!  明日は私が先、はるか姉は後っ!」
太ももが股間に!! 胸が密着!? 堪えろ俺……!
いや、いっか……へへ……っていかーん!! 我慢しろって俺!

そんなこんなで姉二人を起こすと……

姉二人のために朝食を用意する主人公。
はるかには洋食、沙希には和食を用意する。
主人公は朝食係りなのだ。

「おーご苦労ご苦労。まめだねーうちの弟は」「少しは手伝えよ沙希姉も」
「女手ひとつで育ててもらった恩を忘れたのか?」
「沙希姉に育てられたんじゃねーよ」
「コロス!」「わ! やめろぉ! 苦ひぃ〜」
「二人とも喧嘩しちゃ駄目よ〜?」

そうこうして朝食が済むと……

「おーだーくーんっ」
と、玄関から瑠璃の声が聞こえてくる。
「じゃ、俺も行くわ。はるか姉、採点してた解答用紙忘れるなよ」
「ふふ。聡司ちゃんって私達のお母さんみたいね」
「う、うっせっ……!」

玄関を出ると長髪の美少女、羽柴瑠璃が迎えに来ている。
「行きましょう? 織田くん」
瑠璃は聡司の隣の家に住んでいて、家は豪邸でかなりのお嬢さま。
どこか人を寄せ付けない雰囲気のある彼女だが、主人公とは幼馴染で何かと相談に乗ってくれたり優しかったりする女の子。

「で、またお姉さん達の面倒を見てあげてたの?」
「見てねーよ。養ってもらってるのは俺なんだから、これくらいして当然なんだよ」
「ほんと、しっかりしてるよね、織田くんって」
「姉二人があんなだからな」

姉のフェロモンから逃れて危ないドキドキが晴れる瑠璃との会話。
健全な弟生活(!?)
こんな朝が毎日続いてきた主人公だったが……!?

SPECIAL【デモムービーなど】
DEMO MOVIE 【デモムービー】
25.6MB
以下のミラーサイトさんからもダウンロードした頂けます
まるちいんさいど。さん / こころんにあるみらーさん / mirror.fuzzy2.comさん
WindFrictionさん  / dRabbit.netさん / Mirror D-Stationさん
CHARACTER【登場人物】
織田はるか
主人公の一番上の姉。
主人公の通う学校で教師をしており、しかも主人公のクラスの担任。
清楚な美しさと包容力をもった美女で、母性タイプのお姉さんといったところ。
主人公に対する思いはストレートで、積極的にスキンシップを求めてくる。
悪魔変身時は、大きな長槍をもち、その槍術もさる事ながら魔力による戦闘は魔界随一。
ボイス 紫苑みやび
サンプル 01 02 03
織田はるか
織田沙希
織田家の次女。
弟イジメが趣味な主人公のもう一人の姉。
主人公と同じ学校に通い、多少がさつな性格ではあるが、活動的でスポーツ万能、ぐいぐい人を引っ張るタイプで、主人公にとっては頭の上がらない存在。
はるかの様に主人公に接したいが、好きであるほど冷たく当たってしまう不器用で素直でないところがある。
悪魔変身時は、大きな長剣をもち、接近戦では魔界随一の実力。
ボイス 春日アン
サンプル 01 02 03
織田沙希
羽柴瑠璃
主人公の隣にすむ幼馴染。堀越川学園1年生でクラスも主人公と同じ。
家はお金持ちで超がつくほどのお嬢様だが、何故か主人公に懐いている。
実は彼女は霊界のプリンセス、つまり死神プリンセス。はるかと沙希の花嫁争いに乱入してくる。
ボイス ダイナマイト☆亜美
サンプル 01 02 03
羽柴瑠璃
魔界の王・魔王おやじ
主人公の父親。
人間界に現れる時は髭を蓄えた宙をまうがいこつの姿で現れる。
織田聡司
本作の主人公。堀越川学園1年生。
生まれたときから両親はなく、二人の姉との3人暮らし。
美しい二人の姉にHな興味津々な悩める思春期少年。
実は魔界の王の跡取りであるが本人はそれを知らされず育つ。
主人公を狙う刺客の登場から、姉からその事実を知らされることに。
魔界の王・魔王おやじ
PICK-UP01
PICK-UP01
PICK-UP01
PICK-UP02
PICK-UP02
PICK-UP02
GALLERY【二人の姉と死神プリンセスとの性活の日々】
【死神VS悪魔】
「なんだ、こりゃあ……」
 あんぐりと口を開けたまま、俺はその場で立ちつくして、目の前で繰り広げられる現実離れしたの光景を見上げていた。
 俺の目の前、いや、上空で、三人の女が戦っている。
 内二人は俺の姉だ。いや、もう一人も、瑠璃に似ているように思えた。
「無駄なことはやめなさいっ。強引な求婚は、取り決めで禁じられているのよ?」
「そうだそうだっ。大王様より決められた花嫁候補はあたしら二人!」
 はるか姉たちもそれぞれが武器を持って、瑠璃に似た死神の鎌を持った少女に構える。
「王子が特に許せば、例外も認められることになっているはず……!」
 死神の少女も油断なく姉たちをにらみつけて鋭い声を上げる。
「そうね。でもわたしたちは、王子の護衛も任されているのよ〜♪」
「問答無用というわけね……いいわ、来なさいっ」
 その言葉がきっかけになって、三人の戦いが始まった。
【沙希姉!覚悟して俺と子作りSEXを!?】
「おい三助、もうちょい上ー」
「はぁ、こんなもんすか? ……三助?」
「ふーっ気持ちいい!一度やってみたかったんだよね、人に背中流させるの……っ!」
「あの、子作り、セックスは……?」
 というか前が見えん。
「これは全然、風呂場で子作りという雰囲気ではないんだが……」
「ほら、もっと力入れてゴシゴシっ!」
「うわっ、はいっすんませんっ!……言うこと聞いてるし俺」
 長年の子分生活が染みついているのか、沙希姉の命令
にはどうにも逆らえない。
「あはは、これ毎日やらせるのもいいかもねっ」
「まぁ、いいけど……よくないけど!」
 何が悲しくて子作りの相手の身繕いを手伝わなければ
いけないのか……。
「せめてこの目隠し外したい……」
「聡司はあたしの裸見たらHしようとするから駄目」
【沙希姉め!弟の小さな復讐。立ち上がれ!全国1億人の弟たち!】
「コ・ノ・ウ・ラ・ミ・ハ・ラ・サ・デ・オ・ク・ベ・キ・カ・ァ・ァ・ァ・ァ……!」
 呪言のようにそう呻きながら、俺は沙希姉を公園の木陰へと引きずり込んでいった。
「ちょ、ちょっと弟……あっ! んっ! んぅ……!んむぅぅぅ……っ!」
 沙希姉を木陰に押し込むと、俺は間髪を入れず唇を奪った。
 むっちりと肉のついた、見るからにエロイ唇をこじ開け、その奥に舌を差し込んでいく。
「んぅっ! んむっ! んむぅぅ……んむぅ……」
「いぢめてやるっ、ディープキスで……!」
「い、いぢ……んぅ!? 弟っ……!?」
 キスだけどいぢめなので目は閉じてやらない。戸惑ったような沙希姉の表情を瞼に焼き付けておいてやる。
 さらば俺の暗黒メモリー。今から沙希姉をいぢめる薔薇色メモリーに書き換えてやるからなっ。
「というわけで、沙希姉の桜色の唇、いただきっ!」
「や、やめろ……んぅっ!? んんぅぅ……んぅっ!」
【沙希姉と子作りえっち♪】
「あたしだって、聡司のお嫁さんになるんだから……!」
「くっ……んう……!」
「お、おい、大丈夫なのかよ……?」
 再び仰向けになった俺に、沙希姉は自分からまたがってきた。
 上向きの俺の肉棒を手で支えて、秘裂の中心にあてがい、ゆっくりと腰を落としていく。
「は、入る……んくぅぅ……っ!」
 じりりっ、という抵抗と共に、分身の先端が熱い肉の中に呑み込まれていく。
「熱、い……っ。はあぅ……っ!」
 やはり痛みがあるのか、先端を呑み込んだ後はなかなか後が続かない。
「少し休憩いれるか?それか、俺の方で入れるかして……」
「んううっ?!」 「なんでにらむのさ……」
「弟はしたくないのっ? あたしと子作り」
「そんなことはないけど。実際気持ちいいし……」
「あたしが動く。弟から搾り取ってやる。はるか姉の時より、いっぱい……」

【沙希姉とプール♪ 水着着るとお腹が目立つ!?】
 二人で水に入ると、沙希姉はコースロープに体を預けて、俺に向かって足を広げてきた。

 水をかき分けて、その先の姉の蜜肉をかき混ぜながら言うと、沙希姉は紅潮した顔を上げて微笑んだ。
「弟も、くふっ、やってみる?あたし、教えてあげるよ? あんっこれ、いい……っ」
「沙希姉に? スパルタは勘弁だぞ?」
 冗談めかして言って、つけ足した。
「大会、出たかったな」
「ん……? まぁね」
 さすがにこんなお腹になっては、大会には出られなかった。
「水泳は少しの間休むけど、産んだらすぐに始めるよ。赤ちゃんも一緒に泳がせるし……」
 互いの性器を触れ合わせ、水面に漂いながら、俺たちはゆったりとおしゃべりする。

【魔王の跡取りの特権!? 全国10億人の弟の夢実現】
「あ、うあ! すごい硬い、コチコチだぁ……!しちゃおう、セックスしちゃおう……!」
「ああっ、するぞ、沙希姉とセックス……!」
 うなずいて勢いよく腰を跳ね上げ、突き出されたお尻ごと沙希姉を揺さぶりにかかった。
「ふきゃあ! あうっ、来た、動いてるっ……!チンコ動かしてる、あたしの中でぇ……!」
「もちろんだ、こうやって動かして……すごい沙希姉、顔、とろとろに溶けてる……」
「ふぁ、え……?」
「よだれも出ちゃってるし……じゅるるっ」
「ふむぁ!? うあ、吸ったぁ……!」
「もったいないからな……」
「うぅぅ、好きぃ……っ!」
「な、なんだよいきなり……」
〇 「だって、キスしたからぁ……っ。ね、ほらもっかい、お姉さんにキスしろ……はむぅ」

【登校の前に発散!? どこでも姉Hシステム】
「ひぅ……ひっく……でも……。でも恥ずかしいんだもの……」
 恥ずかしいと連呼しながらも、はるか姉の股間からはとめどなく愛液が溢れ出ている。
 恥ずかしくて、それで余計に感じてしまっている。はるか姉はそういうので喜ぶ女の人なんだ……。
(はは……もっと……虐めてやろっと……)
 毎朝俺を誘惑しまくった、積年の恨みはらさでおくべきか……とばかりに、俺は畳み掛けることにした。
 ただ虐めるだけなら罪悪感が残ってしまうが、それではるか姉が感じているのなら問題ないだろう。
てかむしろプレイなわけだし。
「はるか姉、いつもはどんな風にオマンコ触ってるんだ?」
 濡れて透け始めたはるか姉の下着を上から覗き込みつつ、俺は意地悪な質問をした。
「い、いつもって……駄目よ、聡司ちゃん……」
 案の定、はるか姉はうつむき、口ごもってしまう。

【はるか姉と初H!?】
「これ、もう全部脱いで……!」
 もどかしい刺激に我慢できなくなって、互いに恥部をまさぐり合ったまま、俺ははるか姉に体重をかけていった。
 どちらともなく、俺たちはこれから自分たちはつながるのだと確信していた。
「脱がせて、聡司ちゃんが脱がせて……!」
 熱っぽく囁いてはるか姉が俺にすがりついてくる。
「待って、今脱がすから……」
「破っちゃっていいの、お姉ちゃんを裸にして……!」
「裸にしたらしちゃうからなっ、はるか姉と子作りっ……!」
「させてあげる、されちゃう……!」
 薄布を引きちぎる俺を手伝うようにはるか姉はしっとりと汗ばんだ体を激しく波打たせた。
「お姉ちゃん、あなたのものになっちゃう……!」

【はるか姉とプール♪ ビキニだとお腹がそれほど……!?】
「入り口震えてる、尿道口まで動いてるよ……!こんなによく締まるおマンコ、妊娠して当然だ……っ」
「ああっ、聡司ちゃんがしたのぉ……! 聡司ちゃんがお姉ちゃんのお腹大きくしちゃったのよぉぉ……!」
 ぐちぐちと粘液の泡立つ音を立てながら、俺たちは二人の欲望の成果である膨らんだお腹を見つめて一気に高ぶっていった。
「来て、聡司ちゃん来てっ……!もう一度妊娠した時みたいに出して……!」
「出すよっ、あげる、はるか姉に……っ!うああっ、子宮下りてきてる、当たってる……」
「さ、触ってっ!平気だから、そこにいっぱい触って……あおぉッ!」
 はるか姉が激しく興奮するにつれてせり出してきた子宮口を肉竿の先端で小突くと、溢れる悲鳴の音色が変わった。
「そこ、おお……っ! すごいの、お……ヒィッ!お願い突いて、聡司ちゃんコンコンしてぇぇ……ッ!」
「してあげるよっ、コンコンっ……!うう、この奥に赤ん坊がいるのに、子宮触れってっ、はるか姉スケベだよ、妊婦で教師で水着で……!」

【霊界の死神姫、もとい幼馴染・瑠璃とも!?】
「熱く火照って、ヌルヌル溢れさせて……んぅっ。私を求めてるの? 入れたいの……?」
「もちろん。今すぐにでも、ここに……」
 瑠璃の秘唇はぱくぱくと左右に動き、下着越しにでも男の物を迎え入れる準備ができたことを教えてくる。
「駄目よ、入れさせてあげない……。ほら、どうしたの織田くん、ピクピクなさい……?」
 下半身の様子とは裏腹に、瑠璃の俺の反応を楽しむ様は落ち着いていて、どこか貫禄すら漂わせている。初めてでこうなんだから、もっと経験をつんだらどうなるのか、と一瞬空恐ろしささえ覚えた。
「エロいは迫力あるわ……くぅ! 上手いわ……。こ、こんな奴が幼馴染みだったとは……」
「ふふっ……。光栄でしょう? 私のような身分の女の子に奉仕してもらえるなんて……」
「お姫さま、なんだっけ……?」
「そう。霊界の王女……ちゅぷ、あなたはこの私に、えるるっ、お姫様に、自分の一番汚い部分を舐めしゃぶらせているのよ?」
SPEC
ジャンル
:姉孕ませADV
発売日 :12月29日発売予定(パケ版)
:12月22日発売予定(DL版)
定価 パッケージ版 :
\2100(本体\2000)
ダウンロード版 :
\1890(本体\1800)
メディア : CD-ROM 1枚
OS : Windows98/Me/2000/XP
Direct-X : DirectX7.0以降
必須CPU :Intel Celeron / PentiumIII 500MHz相当以上 推奨
必須メモリ : 64 MB(必須) / 256 MB(推奨)
解像度 : 640×480(ハイカラー以上)
VRAM : 16MB以上推奨
アニメ : なし
CG鑑賞 : あり
シーン鑑賞 : あり
音楽鑑賞 : なし
音源
: PCM
主題歌 : なし
音声 : あり(女性のみ)
備考 : -
ページのトップへ
お問い合せ よくある質問 サイトマップ リンク copyright