本作のヒロイン。新世代の戦力と期待される若き対魔忍。
代々、“雷遁の術”使いを排出する名門で彼女も亡き父親同様、“雷遁の術”を使う。
“雷遁の術”とは雷を操る強力な術で攻撃系忍法では最強の火力と言われているもの。
その中でも彼女の操る雷撃は強力すぎて自身制御が難しいため、
術を行使する触媒として特別に制作された銃を使用している。
ゆきかぜはその銃に雷撃の弾丸を生み出し、強力な雷撃弾を発射する事ができる。
二丁拳銃を得物に、舞うように雷撃弾を放つその姿から電撃の対魔忍”の異名を持つ。
勝気で負けず嫌い、プライドの高さがたまにキズで唯一心許せる存在が
幼馴染の秋山達郎となかなか恋愛関係に進展できないのが悩み。
とにかく体を動かして遊ぶのが好きで年中日焼けしている美少女。

[忍法・雷銃撃]
“雷遁の術”を応用した強力な攻撃系忍法。
特製の二丁拳銃を触媒に雷を集約をさせて雷球を放つ。
打ち出された雷球は半プラズマ化しているため、
目標を高熱で溶解して大穴を空け、瞬時に雷エネルギーが
解放され5000Vの雷撃で対象を引き裂く。

ページの先頭へ戻る