■対魔忍ユキカゼのモノガタリ

闇の存在・魑魅魍魎が跋扈する近未来・日本。
人魔の間で太古より守られてきた「互いに不干渉」という暗黙のルールは、人が外道に堕してからは綻びを見せはじめ、人魔結託した犯罪組織や企業が暗躍、時代は混沌へと凋落していった。しかし正道を歩まんとする人々も無力ではない。時の政府は人の身で『魔』に対抗できる“忍のもの”たちからなる集団を組織し、人魔外道の悪に対抗したのだ。
人は彼らを“対魔忍”と呼んだ————

魔の勢力との死闘が続く中、若き対魔忍ゆきかぜは先輩対魔忍の凜子とともに行方不明となっているゆきかぜの母親、対魔忍不知火救出の危険な任務に志願する。しかし敵地奥深くに潜入し、しかも娼婦となって潜入せざる得ない状況から対魔忍を統率するアサギから強く反対される。しかし、母を救いたいゆきかぜの意思は強く凜子とともに潜入救出任務に抜擢される事に。
まだ処女だった二人はゆきかぜの幼馴染であり凜子の弟であるの主人公、達郎に処女を捧げようとするが、その希望は叶わぬまま任務へと旅立つことに……!

■対魔忍
犯罪行為を行う闇の存在に対抗すべく政府直轄で組織された忍者集団。魔界の勢力やそれに組する人間を非合法に裁く闇の警察ととも言える。その他、政府には陰陽師の集団もあると噂されている。
■ノマド
魔界の勢力と結託する多国籍複合企業体。ノマド=遊牧民という意。ボーダレスに活動するこの企業に相応しい名前。その創始者はエドウィン・ブラック。ノマドでは人間のビジネスマンとして振舞っている。表の事業とは別にあらゆる闇の仕事を行う部門があり、世界各国に進出してはその国の闇世界を牛耳っている。
■ヨミハラ
東京の地下深くに存在する闇の無法都市。日本の首都の地下にありながら政府の力も対魔忍の力も及ばぬ魔の巣窟。日本で最も魔界に近い町として知られ、町の最深部には魔界へ通じるゲートがあるという。エドウィン・ブラック率いるノマド傘下の魔界の住人を中心にしたマフィア組織がヨミハラを支配している。
LILITH|リリス