←↓「ふむ、一発目にしては随分と出たな」
 リーアルは少し驚いたように言って、射精の終わった肉棒を引き抜いた。
「ひはっっ! へああっっ、はぁあんっ!」
 まだ堅さを保ったままの肉棒が膣襞をズルリと抜けていく感触にゆきかぜは甘えた声を出した。
「はぁぁ……あぁあ、あぁん……ぅう、チンポ……チンポぉ……はぁ、はぁん」
気絶と絶頂の谷間で、ゆきかぜは膣内からペニスが消えた切なさにヒクヒクと身体をくねらせている。
 幼さの残る身体には巨大すぎる肉塊を咥えていた膣口はパックリと開いたままだ。
 愛液と精液のまざりあった淫ら汁でテラテラとぬめり光る膣壁が外からもはっきりと見えた。
「はぁ、ひはぁぁ……はぁ、ああ……んぅう、あ……あぁんんっ……」
 トロトロのヌメリ汁が膣壁を伝わる感触にアクメの余韻が刺激されて、下腹がヒクッ、ヒクッと上下にうねっていた。


→↓「んひほっうぅうゥウウウウウ!!」
 ゆきかぜの嬌声が裏返る。
(お尻にすごいの来たあぁっっ!!)
 オマンコを犯される時とは違う、背徳感たっぷりの快感がゆきかぜの身体をひくつかせる。
 デブの巨根はゆきかぜの菊門をぬばっと広げ、ズブズブと腸内にえぐり入ってくる。
「おっほふっ、お尻の穴ぁあっ、広がっれえっ! ひはっ、はっ、ヌブヌブ奥にきてるうううっっ!!」
「フヒヒヒ、ゆきかぜちゃんのケツマンコ、きゅいきゅいしてるね」
「んぅうっ、はふぃぅう、んぅあ、あっ、はひっ、フヒィイイイ!!」
(こ、こんな気持ち悪いデブに……お尻犯されてるのに……だ、駄目……感じちゃうよおっ)
 生理的嫌悪感を催さずにはいられない男に尻穴を蹂躙され、恥ずかしいくらいの被虐の悦びがゆきかぜを満たす。
「デュフフ、ゆきかぜちゃんのケツマンコ気持ちいいよ〜〜♪」
 その男はチンポを根本まで腸内に埋め込むと、脂ぎった身体をぶつけるようにしてピストン運動を始めた。
「んへはあっ、はひっ! おひっ、へひゃあ! えひいいっ!!」
 ゆきかぜの華奢な身体がガクンガクンと前後に揺さぶられる。
 ホの字に広がった唇からは、恥も外聞もないろれった嬌声が繰り返される。
「んひいっ、おっ、お尻の穴っ、穴にゃあっっ、めくれてりゅっっ、ひゅごい捲れてるよおおっっ!!」
 ぱっくりと拡張されたゆきかぜの菊門がペニスに引っぱられて、外側にべろり、内側にずるりとぬめり動く。
 極太チンポとアナルが擦れるヌチャヌチャという粘着音が鳴り響き、はしたない腸汁が噴水のように溢れ出た。
「おへえっ、はへええっ、ひへはっ、んひいいいいいいいいいいっっ!!」
「ケツマンコ気持ちいい? 気持ちいいよね? ゆきかぜちゃん、ほら答えてよ。ケツマンコ気持ちいいって!」
 男はねっとりと絡みつくような声で言いながら、極太ペニスでゆきかぜの肛門をクチュクチュと捏ね回した。
「ケツマンコだけじゃねえぜ。こっちのマンコもたまらねえんだろうが! このメス豚がっ!!」
「へひゃぁあああああああっっ!!」
 ゆきかぜを跨らせた男が下からガクンガクンと肉棒を突き上げた。



←↓「じゃ、じゃあ、始めるぞ……私が自分で動くぞっ……」
 凛子はおずおずと腰を引くと、自分からゆっくりと動き出した。
「はあっん、んっ、くぅっ……ぅっ、あ、あっ、はあっっ」
 天高く屹立した肉棒の上を、凛子の身体が緩やかに上下する。
 奴隷娼婦として肉体改造を受けたとはいえ、生のチンポを相手に騎乗位で動くのは初めてである。
(チ、チンポが……中で擦れて……奥に当たって……ヌチュヌチュなってるっ)
 その仕草はぎこちなかったが、既に何回もアクメに達した膣肉はチンポをたっぷりと包み込み、ジュプジュプと卑猥な音を奏でる。
「んぅうっ、あっ……あっっ、ああっ、ああんっ、んぅ……ああんっっ」
(あっ……こ、この感じっ……自分で動くこの感じっ、こ、これは……これは、ああっ……これは危険だっ)
 凛子は自分の意思でチンポを抜き差しする、この騎乗位という体位の快感に恐れを抱いていた。
 今までのように、リーアルが欲望のままにチンポを動かしているのではない。
 カリ首がじゅるじゅると膣襞を抉る刺激も、亀頭が子宮口にコツコツと当たる刺激も、すべて凛子がやっているのだ。
(私……駄目だっ、き、気持ち良くなってきている……オマンコ感じ始めてるっ……ど、どうしよう)
「あんっん、ぅう……くぅうっ、あっあぁあ、ぅう……ああっ、あぁああっっ!!」
 初めはゆっくりだった腰の動きがみるみるうちに早くなっていく。
 口からは恥ずかしい声が、膣穴からは恥ずかしい汁が出るのを止められない。
(こ、こんな風に感じたら駄目だ……駄目なのにっ……ああっ、止められないッ……どんどんオマンコを刺激したくなる)
 リーアルに力ずくで犯されて感じてしまったのなら、相手のせいだと、奴隷娼婦の身体のせいだと言い訳もできる。
 だが、今の凛子は紛れもなく自分の意思で感じようとしていた。
(だ、だから……ううっ、リーアルは私に動けと言ったのか。私が自分で墜ちてしまうようにっ……分かってるのにっ、分かってるのにぃ)
「くぅん、んっんっ、くぅうンッ、あんっ、あぅっ、ああんっっ!!」
 奴隷娼婦として経験した脳内陵辱のせいであろうか、凛子の動きは目に見えて滑らかになっていった。

 
 
 

→↓「ゆきかぜ……その……」
「あ、あんまりこっち来ないでよ。恥ずかしいから」
「分かってるよ……」
「無理にこっちに来たりしたら怒るからね、本気で怒るからね」
「わ、分かってるって……」
 狭いバスルームで俺とゆきかぜは向かい会う。
 ゆきかぜはシャワーボックスの中に入って、両閉じのシャワーカーテンを閉めて、その間から頭だけを出している。
 当たり前だがゆきかぜの頭は濡れていて、頬もほんのりと赤く染まっていた。
「えと、その……なに?」
「え……?」
「私、シャワー浴びてるんだけど」
「いや、それは分かってるけど」
「分かってて覗きにきたの!?」
「ち、違うよ。そうじゃないよ!!」
 とんでもない誤解だ。俺は慌てて否定する。
「じゃ、じゃあ、どうして達郎がここに?」
「俺、ゾクトさんに用事があったんだけど……」
「あ……」
 ゆきかぜが小さく息を飲んだのが分かった。
 俺もハッと我に返る。
 どうして、ゆきかぜがゾクトの部屋にいて、シャワーを浴びていたんだ?
 普通に考えて、その答えは一つしかない。
 ゆきかぜとゾクトがそういう関係になっているということだ。
(でも、まさか……)
「あ、あのね、達郎、こ、これはね……」
「ゆきかぜ、どうしてここに……?」
 心に一気に嫌な影が落ちていくのを感じながら、ゆきかぜに聞いた。
「えと、その……違うの。達郎が考えてるようなことじゃないの……こ、これは……ンッ、ちょ、ちょっと……!?」
「……?」
「…………っっ」
(こいつっ……!)
 いきなりの刺激にゆきかぜは歯を食いしばった。
 恥ずかしい声が出るのを堪え、表情を必死に保つ。
 ゾクトがゆきかぜのアナルに指を入れたのだ。
(達郎が……すぐそばにいるのにっ……)
 さっき達郎が入って来たとき、二人はシャワー室の中で行為に及び始めたばかりだった。
 もちろん、ゆきかぜが望んでのことではない。
 達郎に本当のことを言わないのと引き替えに、今日一日ゾクトの言いなりになる約束をしたのだ。
(で、でも……こんなことになるなんてっ……達郎に気づかれちゃうっ……)
 ゾクトの太い指を咥えた肛門がヒクヒクと脈打っている。
 どうあっても慣れることのできない、背徳的なアナルの快感で膝の震えが止まらない。
(だ、だけど……絶対に気づかれちゃ、駄目っ……)



 
 


「ふおごぉ!?」
 巨大触手はパックリとその先端を拡げ、凛子の頭部を飲み込んだ。
「おお゛おおっ!? んごっ!! ごぼっ!! お゛ぉおお゛おおおおおお!!」
 突然の事態に、凛子は連続アクメから引き戻され、恐慌を来して必死にもがいた。
「なっ、なにずるずもりだあっっ! 離ぜええっっ、ふぼごおおっ、ごぼごぼごぼおっっ!!」
 巨大触手に頭をすっぽりと包まれた凛子の口に、別の細かい触手が次々と入って来た。
「おごっっ、げぼおおっっ、や、やべろっ、くぢのなかにっ、おおおっ、入っでぐるなっっ!!」
 胃が激しい拒絶に何度も悲鳴をあげるが、触手は容赦なく凛子の口腔から喉、そして胃にまで進入を果たしてしまう。
「もごもごもぼおごおおっっ、わ、わだぢをっ、どうずるずぼりだっ、おごごごごっっ!!」
「二週間飲まず食わずでは死んでしまうからな。胃に直接栄養を与えてやろうというのだ」
「な、なんだどっ!?」
「特製栄養剤に催淫薬もプラスしておいた。もちろんザーメン味だ。俺からのご馳走だ。たっぷり味わってくれ」
「ふ゛ざげるなああっっ!!」
 凛子は栄養補給用の触手を口いっぱいに咥えさせられたまま呻いた。
 だが、そこから早くも催淫薬まみれの栄養剤が注ぎ込まれてきた。
「おぼっ!? んぼっっ、べぼおおおおおっっ!!」
 空っぽの胃が火が付いたように熱くなる。
 むせ返るような精液の味と匂いが胃から口腔、舌に逆流してきた。
「ごっ、ごれはあっ!? あ゛ああああっ、ら、らべええっ、身体があづいっ、あづいい゛ぅううううううっ!!」
 特製栄養剤と催淫薬によって、凛子の身体が無理矢理に覚醒させられてしまう。
「あ゛っ、やああっ、や、だああっ、さっきよりもっど感じでぎでるうっっ! なんなんだごれえええええっっ!!」
 オマンコはケツマンコは当然のおと、凛子の感覚器官の全てが暴走し始めていた。
「ぎっ、ぎもぢいっ、ぎもぢいいいっ、ぢもぢぃいいいいいいいいいいっっっ!!!」
 凛子を2週間、強制的にイカせ続けるための仕掛けはそれだけに止まらなかった。
 ”肉壺”の壁から白濁した液体がジュルジュルと大量に染み出し、中に溜まり始めたのだ。
「んおあ゛っっっ! なんらっっ!? なんらこれっ!?」
 頭を触手に覆われてまったく見えない状態ながら、身体にべっとりと触れる白濁液の感触でそれに気づいた。
「こっ、これっ!? ザーメンっ、ザーメンかっ!? やだああっっっ、ザーメンがすごい溜まってきてるううっっ!!」
「リーアルっ、なにしてるんだっっ、いったいなにしてるんだああっっっ!!」
「女が二週間も風呂に入れないのは気の毒だ。最初からザーメン風呂に入れてやろうという俺の親心だ」
「ふっ、ふざげるなっっ!! なにがザーメン風呂だっ、ひいいっっ、どんどん溜まってるっっっ!!」
 ”肉壺”のそこから迫り上がってきたザーメンは凛子の下腹を超え、胸のあたりまで達している。
 ザーメンで満たされたあたりの肌はすでに身をよじる度にジュルジュルというおぞましい感触を伝えてくる。
「やめろっっ、”肉壺”のザーメンの臭いが肌に染みこんでしまうっ、やめでくれっ、そんなの嫌だっっ!!」
「ククッ、つれないことを言うな。”肉壺”も寂しいと言っているぞ」
「んんっ!! んぐううううっ!!! んおおおおおおおおおおっっっ!!」
 リーアルが何か操作したのか、”肉壺”がそう望んだのか、二穴に挿入された触手チンポがさらに激しく動き出した。
「お゛っっ、おおつ、やべっ、やべろっ、おひいっっ、そんらにぢんぼっ動かすなっ!!」
「おおっ、オマンコとケツマンコがっ、ひぎっっ、一つになりそうだっ! ああっ、駄目ッ、やめっキモヂいいいっ、チンポギモヂィイイイイイイイイイッ!!!」
「あ゛あ゛あああっっ、イグッッ、イグッッ、ま、またアクメ止まらなくなっでるうっっっ!!」
「ずっと、ずっとイカされるのかっっ! このまま二週間イカなきゃならないのかっ! そんらっ、そんらああああっっっ!!」


 
 
 
 
 
 
 
LILITH|リリス