LILITH|リリス
リリス
ブラックリリストップ ブラックリリスとは?
テーマは人妻の堕落。隠された淫らな欲望に侵食し、少しづつ人妻を堕として行く……! やがて家族も巻き込み幸せな家庭は凌辱の園に………淫辱人妻は裏切りの子種を孕む!
奴隷志願サイト〜人妻・翔子の記録〜
奴隷志願サイト〜人妻・翔子の記録〜
奴隷志願サイト〜人妻・翔子の記録〜
制作 ブラックリリス
ジャンル 淫熟人妻奴隷サイト
ADV
監督 EDEN
企画 そのだまさき
原作 そのだまさき
原画 のぶしと
シナリオ そのだまさき
グラ
フィック
チームやしガニ
演出 EDEN
備考 女の子ボイスあり
CG鑑賞モードあり
シーン回想モードあり
既読スキップあり
随時セーブあり
モザイク丁寧
通販で予約/購入する
DL【ダウンロード版を購入】
ディーエルサイトコム
【ディーエルサイトコム】
 
SURPARA.MARKET
【SURPARA.MARKET】
 
 
ディー・ドリーム
【ディー・ドリーム】
 
デジぱれ
【デジぱれ】
 
 
デジケットコム
【デジケットコム】
 
DMM
【DMM】
 
Special【スペシャル】
MOVIEをダウンロード
【31.1MB】
以下のミラーサイトさんからもダウンロードできます☆
まるちいんさいど。さん /  こころんにあるみらーさん
mirror.fuzzy2.comさん / ラピスたんさん
dRabbit.netさん / Mirror D-Stationさん
つんでれみらーさん /  e!コウリャクドットコムさん
STORY【ものがたり】

夏目翔子は、どこにでもいるごく普通の主婦。サラリーマンの夫・隆史と長男・優一、娘・美香の四人家族で慎ましく暮らしていたが、何の変化もない主婦としての日常に退屈さを覚えていた。

そんなある日翔子は、SM趣味のある男女が体験を告白しているサイトを発見する。そこでは掲示板ごしに「ご主人様」が「奴隷」に命令を与え、その命令を実行した「奴隷」が掲示板に成果を報告するというやりかたで、翔子には想像もしたこともない淫らなやりとりが記載されていた。
そしてそこで翔子は1つの投稿に目を通す。それは奴隷に堕ちた女が感じる果てしない被虐の悦びを綴った報告。翔子はその報告を読んでいくと女である自分がどうしようもなく反応をしてしまい、ついつい衝動的にサイトに書き込みをしてしまう。

「翔子……35才、主婦です……この頃、夫に相手をしてもらえなくて……欲求不満です。誰かご主人様になってわたしに……命令してください」

書き込んだ後、膨れ上がる未知の興奮。
しばしの興奮の余韻を楽しんだ後、パソコンの画面を見ると自分が書いたコメントに誰かが書き込みをしていた。

「奴隷志願のしょうこへ さっそくオナニーにでもふけっていたのだろう。
 淫乱なお前に命令してやる。今夜12時。下着をつけずに公園に行き、
 そこのすべり台の上から小便して、それを報告しろ。
 証拠の写メは必ずアップすること」

書き込みに驚愕する翔子。
誰が見ているわけでもないのに、翔子は急いでパソコンを閉じてしまう。
「そんな事できるわけがない」
と思いながらも、翔子はアソコの奥にキュンと疼くものを感じてしまう。

夜になり――――
家族が寝静まった頃、翔子は独り公園にいた。
何か言い訳をして外に出て、また少し言い訳をして角を曲がり、もう少し言い訳をして先へ進んで。そうして気が付いたら公園を来てしまっていたのだ。

「やってはいけない」
と思うつつも女という熱が疼く。その熱は冷めること無く、さらに熱く熱く熱く、やがて大きな衝動となって翔子を動かして行く。

「誰も見ていない」
「そう誰もいない」
「ほんの少しの勇気で、凄い興奮が得られる」
「またあのゾクゾクする興奮を」

そして翌日――――
翔子は家族を見送ると、またあのSMサイトを見てしまう。
そこには新しい書き込みがされていた。

「すべり台で放尿するしょうこはエロかったぞ。
 それから、オナニーまでしていただろう。
 しょうこは、正真正銘の露出狂のマゾ奴隷だな。
 だが、イク前にオナニーを止めたな。
 証拠の写メも撮っていない。
 奴隷のしょうこにそんなことは許されない。
 しょうこにもう一度命令する。
 今夜また同じ場所に行き、今度はイクまでオナニーしろ。
 もしまた命令を違えたら、俺の奴隷失格として、
 昨日の小便動画をアップするぞ。
 俺はお前をいつも見ているぞ。」

翔子はただ絶句し身体を羞恥と恐怖に震わせて、その書き込みを見詰めることしかできなかった。
翔子の退屈な日常は、確実に終わった。

CHARACTERS【登場人物】
佐山一仁 佐山一仁
夏目翔子 夏目翔子
夏目美香 夏目美香
岡田和美 岡田和美
夏目隆史 夏目優
GALLERY【ギャラリー】

「まあまあだな……お前どうだ? 旦那に比べて俺のチンポは?」
 貞淑な人妻の心を言葉で嬲りながら、その美しい髪に手を当ててゆっくりとさすってやる。
「そ、そんらこと……いえまふぇん……うううぅ」
 はっとしたように目を伏せる翔子。だが、それは気に入らない態度だ。
「おい、こっちを見ろ」
 俺は翔子の髪をわしづかみにして、グイッと手前に引き寄せた。
「おごおおっっっっ!!」
 喉奥からぐぼりという異音がして、翔子は苦悶に目を見開いた。
「えごっ……おごっ、ごごごごごっ……げぼっ」
「俺にそんな態度をとっていいのか? ああ? 俺は旦那に比べて俺のチンポはどうかと聞いてるんだ! 答えろ!」
 涙を浮かべる翔子の顔をガクガクと引っ張って、喉の奥に亀頭を突き立ててやる。
「おごぼぼっ、ごっ……ぐ、ぐるしい……や、やめでべ……おぼっ、おぼっ……」
「止めて欲しければ答えろ。俺のチンポはどうだ。旦那に比べてどうなんだ!」
「えぼっ、おっ、おおっ、おおぎいれぶっっ……じゅっ、じゅじんよりっ……れぶれぶっ、おおぎぐて……ごごっ、かだぐでっ……うっ、ずごいれぶううっっ!!」
 涙をぼろぼろ流しながら、翔子は必死にそう訴えてきた。
「そうか……ふふ、それでいいんだ」
 予想された答えだったが俺は満足して、翔子の髪を手放してやった。
「げぼっ……おっ、おごっ……おっ……げほっ……っ……」
「忘れるなよ。お前の今のご主人様は旦那じゃない。俺なんだぞ」
「は、はひ……す……すびばせぶっ……えぐぅ……うっ……」

「何か言ったか? 嫌ならその辺に鎖を縛り付けて放置してもいいんだぞ。もちろん、逃げられないようにお前の手も縛っておく」
「ひっっ、そ、そんなっ……」
「もうイヤなんだろう? いいよ。それで助けを呼びたければ呼べばいい。親切な奴が来てくれるといいなあ」
「そうだ。今までのお礼に俺がネットに書き込んでおいてやる。露出狂の変態がこの公園で助けを求めてますってな。何人集まるか楽しみだ」
「いいっ、や、や、やめて、そんな恐ろしいこと。そんなことされたら、もう無事じゃいられません。やめてくださいっ、お願いですから、もう逆らいませんから」
 『もう無事じゃいられません』とは笑わせる。
 ひょっとして俺とのことは、この女の中でもう気持ちの整理がついているのだろうか? ご主人様として。
 それならそれで嬉しいことだが。
「なら、俺との散歩に付き合うな」
「はい、付き合います。だから一人にしないで……怖いの……死にそうなくらい怖いの……お願い、一人にしないで……お願いします」
「分かった分かった。可愛い奴だな、翔子は。じゃあ、行くぞ、足下に注意しろよ」
「は、はい……」

「んおぼぉおっ!? んっっんーーーっ、んっ、んんっ、ふぁっ……んぼっんぼっん、んぼぼぼぼっっ……」
 ペニスの先端が翔子の喉をぐいぐいと突き上げる。だが、翔子はまるでそれを待っていたかのように、ウットリと目を細めた。
「んぅう〜〜〜〜っ、んぢゅっ、ぢるるっ、んぼぼっ、んぼぢゅるっ、んっんっ、ぢゅぷるっ、ぢゅるるっるるるるうるるぅううっ」
 精液を一滴も逃すまいと口をいっぱいに窄め、肉柱を口腔と舌でぎゅっと抑え付け、ジュプジュプと愛撫する。
「うっっ、ああっ、翔子っ、イクぞっ、イクぞっっっ!!」
「ふぅんんんっ、んっ、んぅんっ……んっ、んっぅんっ……んぅ、んぅんっんぅんっ……」
 翔子はうんうんと頷きながら、口内でグンッと反り返った肉棒を舌でじゅるりと包み込んだ。
「んもぉおおっっっっっ!?」
 その瞬間、細い喉を濁流のように精液が打ち付け、翔子は肉棒を含んだまま僅かに眉を顰めて呻いた。
「ンッッんっ……んっっんっ……ぅううんっんぅぅうんっっ……んぅうっ」
 しかし、翔子は肉棒を離すどころかより一層深く咥えこんで、口をモグモグと動かして俺の射精を促してくる。
「ンッッ……っんっっ……ぅぅうんっ……んぷ……んっ、んっ……んぅぅう……んっっ、んんーーーーーーーーっっっ!!」
 気が付けば、翔子は愛情の籠もった目でうんうんと顔を振って、自分に任せて欲しいと哀願していた。
「んんぅうっんッ……んっんっんっ……ぅうううんっっ……っんっんっんっ……」
 俺は俺は全てを翔子の愛撫に委ね、二発目の射精の快感に身を浸していった。
「んんふっ……っ、ちゅっちゅっ…ちゅ……ちゅぅううっ……ちゅっちゅっ……ちゅぅぅっ」
 長い射精が終わると、翔子は当然のように尿道に残った精液を吸い上げてくれた。
「はぁ、はぁはぁ。翔子、良かったぞ……っふふ」
「ごひゅじんひゃまぁぁ……ほらぁ、んぁああ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っっっ」
そして、口内発射に満足した俺がペニスを引き抜くと、翔子はその俺に向かって大きく舌を広げた。
「…………うっ……」
 翔子の舌には、たった今が出した精液がドロリとした形を保ったまま乗っかっていた。
「みれくらさぁい……んぁ、ざーめんぅ……こんらに……いっぱいでまひたぁぁ……」
 こうやって俺に見せるために、飲まずに口に溜めておいたらしい。
 真っ赤な舌の上の白濁したザーメン。それを見せて微笑む翔子。
 あまりの淫らさに、頭がおかしくなりそうだ。
「んぁ……あ、こぼれひょぅ……も、もう……のんれも……いいれふか?」

「そのバイブはお前の誕生日プレゼントだからな。好きに使え」
「うんっ、せんせーありがとう。犯すね、先生のプレゼントしてくれたバイブで、お母さんのこと犯しちゃうからね……」
「ああ……美香ったら、ご主人様の考えをちゃんとわかってる、お母さん嬉しいわ、美香が立派になっ……」
「ふんっっ!!」
 ずぼおぉぉぉぉぉ……っ!!
「んほおォォォォォッ!?」
「お母さん……っ!」
「いっ、いきなり奥にぃぃぃぃっ!?」
 美香の性急な挿入で、双頭バイブの片方が、熟し切った翔子の膣粘膜を一気に貫いた。
 同時に……。
「ふんっ……!」
 ごりりりりりっ! ぐぼぼぼぼぼぼぉ……!
「おヒィィィィィィンッ! 本物! ご主人様の生チンポッ! おっおま! オマンコにぃぃ……っ!?」
「……俺と美香で、同時に犯すと言っただろう?」
「ひっひぃぃぃぃぃ……! くひぃぃぃ、ひいい、ヒィッ……!?」
 見開いた翔子の瞳孔が震え、ぐるん、と真上に転がる。
「あっ、お母さん、もう? 入れただけでいっちゃった……?」
「だって、だってぇっ、んんぐっ、んひぃ! 二本よぉぉぉ……?!」
 ぶちゃぶちゃと歓喜の潮を噴き上げながら翔子は腰を反り返らせる。
「ご主人様のチンポが二本ッ! ああっわかるわ、ちゃんとご主人様の形よぉぉっ」
「わかっちゃうんだ、お母さん……これ、せんせーのチンポだって、オマンコでわかっちゃうんだ……っ」
 早くもぎこちないながら腰を使って、絶頂に達した母親を容赦なく突きながら、美香は翔子の溶け崩れた顔を覗き込む。
「ンッンッ、わかるわよぉ、お母さんのオマンコはご主人様の形を覚えさせられちゃってるんだから、女の悦び教えられたんだからぁぁ……!」
「いい心がけだ、翔子……!」
「何百回って挿入されて、何万回ってピストンされて、もうこのチンポじゃ駄目なお母さんになっちゃってるんだからぁ、あっあっ、このチンポ堪んないぃ……!」
「ずるい……っ」

「うわ、マンコの痙攣が止まらない……お母さん本気でイッちゃってるよ、ほら、また締めつけてる」
「イッてるわ、イッてますぅ! お母さんイッてるの、優に犯されて……おオォっ! またイク〜〜ッ!」
「ふぅ。勝手だよね、お母さんは。好き勝手いきまくって、勝手に僕を産んで、自分の性欲処理のために産んだんだろ? 僕のことを……」
「ち、違うわっ、そんなつもり、わたしは優、あなたのことをちゃんと大好……」
「……っ!!」
 ずっ……!!
 ずぼるるるるるるるるっっ!
「ふッ、ふへェェッ!?」
 アナルパールの端を握った優が、わたしの直腸から全てのボールを、一気に……
「うん。僕も……ママのこと、大好きだよ……っ」
(い、一度に、全部ぅぅぅぅ……っ!?)
「き、きひぃぃぃぃぃぃぃぃッ!!」
 空っぽになった空間を咀嚼するかのように、わたしの直腸と肛門がでたらめな収縮を繰り返すのと同時に、強烈なオーガズムがわたしの脳天を直撃した。
 ぶしっ! ぶちゅぅっ、ぶちゅうぅぅぅ……っ!
 背後から覆い被さる息子に、錯乱した悲鳴を上げながら、わたしは沸騰した愛液を浴びせかけた。
「れっ連続ッ! 一回で全部抜いたワッ……ヒィィ! アナルっ! お尻の穴擦られたら痙攣してイクわよぉぉぉぉ……ッ!」
「ああっ、お漏らししてるよお母さん……! お母さんなのに、大人なのに……っ」

「そんな都合のいい話があるか。お前は夫も子供も裏切って、その夫にも許してないアナル処女を犯されてるんだ。こんなっ、風にっ、なっ!」
「おあ゛っっ、あっ、あっ、あ゛っ、あああっ、やめでええっっ、そんら動かないでへえっ!! おっ、おっ、おびりっ、んっ、おしりやげちゃうううっっ!!」
 俺は、オマンコを犯すときよりもずっと力を込め、翔子の腸内をズコズコとかき回した。
 わずかに引きつるような抵抗を伴った、ぬぶっぬぶっという腸肉の感触が欲望をかき立てていく。
「ああ゛っ、あっ、や……やだっ、うぞっ……ングッど、どうして……うそよっ、こんらっ……おほっっ、んっおっ、おっ、おおおおっっ!!」
 そして、全身で俺を拒絶していたはずの翔子の尻が、グッ、グッと浮き上がってきた。
 肛門は小刻みにうねり、チンポを包み込んだ腸内からもヌメリ汁が溢れ出して、また新たな感触を伝えてくる。
「おひりっっ、んぐっ……お尻おかじいのっっ、ああっ、ズリズリしてるっっっ、おかひくなるっ、お尻の穴ズリズリひゃれると、わたひ全部おかしくなるぅうっ」
「感じてるな。アナルを犯されて感じてるんだろう? それで母親面か! いい加減あきらめろ。この変態がっ!!」
「あ゛っ、あ゛ぁっっ……あなたさえいなかったらぁ……あひっ、ひっっ、こんなならないのにぃっ……へあっ、変態いやっ、わたし変態いやいやいやぁあぁっ」
 半分白目をむいて涎を垂れ流している翔子。だが、その腰はガクガクと浮き上がって、アナルの快感を貪欲に求めている。
「おほぉっ、おごっ、おおおぅんっ、おひりっっ、ひっ、おひぎっっ、グチャグチャになっでらめぇっ、おヒリもうらめっ、らめらめぇえっ!!!」
 急激な翔子の高まりと、チンポを掴まれてズルゥウゥっと吸い込まれるような感覚に、俺はピストン運動を加速させた。
「んっ、んっっ、んっっ、翔子っっ、イクぞっっっ、ケツに出すぞっ、ザーメン出すぞっっっ!」
「いっ、いいいっっ、いやはぁっっ、やめでっっ、狂っちゃうっっ、お尻にザーメンきだら狂っひゃうからっっ、だひゃないでべっ、射精だめっっ、駄目駄目っっっ」
「やかましいっ! ケツマンコでイケっ!! イケっっっ!!」
「ひきゃはぁああああああああっっっっ!!!」
 ビュルッ、ビュルッ、ビュルビュルビュルッ!!!
 翔子の気が違ったような絶叫が弾けたと同時に、俺も猛り狂う欲望をその尻の中に思い切りぶちまけていた。
「おおおおおおおおおおおおおおおっっっっっっ!! ででっ、ででっっ、ででるっっ!! あづいの出れるっっ、お尻すごっすごいっ、お尻ぃいいいっっっ!!」
 翔子は限界いっぱいまで尻を迫り上げて、ガクガクと痙攣していた。
スペック
ジャンル
: 淫熟人妻奴隷サイトADV
発売日 :07年6月1日発売予定(パケ)
:07年5月25日発売予定(DL)
定価 パッケージ版
: \2100(本体\2000)
ダウンロード版
: \1890(本体\1800)
メディア : CD-ROM 1枚
OS : WindowsMe/2000/XP
DirectX : DirectX7.0以降
CPU :Intel Celeron / PentiumIII 500MHz相当以上 推奨
メモリ : 64 MB(必須) / 256 MB(推奨)
解像度 : 800×600(ハイカラー以上)
VRAM : 16MB以上推奨
アニメ : なし
CG鑑賞 : あり
シーン回想 : あり
音楽鑑賞 : なし
音源
: PCM
主題歌 : なし
音声 : あり(女性のみ)
備考 : -
ページのトップへ
お問い合せ よくある質問 サイトマップ リンク copyright
サンプルボイス サンプルボイス サンプルボイス サンプルボイス サンプルボイス サンプルボイス サンプルボイス サンプルボイス サンプルボイス