LILITH|リリス
リリス
ブラックリリストップ ブラックリリスとは?
最強の対魔忍に忍び寄る復讐の罠。人魔たちの姦獄で容赦なき催眠堕落調教! 屈辱の肉体改造・輪姦・妖獣姦etc……負ければ淫獄のアリーナで正義のくノ一は白濁に沈むのか!?
対魔忍アサギ
対魔忍アサギ
対魔忍アサギ
制作 ブラックリリス
ジャンル くノ一輪姦調教ADV
企画・原案 笹@
監督 笹@
原画 カガミ
シナリオ 大東縛
備考 女の子ボイスあり
CG鑑賞モードあり
シーン回想モードあり
既読スキップあり
随時セーブあり
一部アニメあり
通販で予約/購入する
DL【ダウンロード版を購入】
ディーエルサイトコム
【ディーエルサイトコム】
 
SURPARA.MARKET
【SURPARA.MARKET】
 
 
ディー・ドリーム
【ディー・ドリーム】
 
デジぱれ
【デジぱれ】
 
 
デジケットコム
【デジケットコム】
 
DMM
【DMM】
 
Special【スペシャル】
MOVIEをダウンロード
【26.2MB】
以下のミラーサイトさんからもダウンロードできます☆
まるちいんさいど。さん /  こころんにあるみらーさん
mirror.fuzzy2.comさん /  WindFrictionさん
dRabbit.netさん /  Mirror D-Stationさん
STORY【ものがたり】
闇の存在・魑魅魍魎が侵食しつつある魔都・東京。
人魔の間で太古より守られてきた「互いに不干渉」という暗黙のルールも、人が外道に堕してからは綻びを見せはじめ、人魔結託した犯罪組織や企業が暗躍していた。
しかし正道を歩まんとする人々も無力ではなかった。
時の政府は人の身で「魔」に対抗できる集団・忍のものたちからなる退魔忍を組織し、人魔外道の悪に対抗したのだ。

新月の闇夜―――

「ようこそ。政府の犬、対魔忍-アサギ」

ゴーストタウンと化した深夜の都心。
ビルとビルの間にある長細い人工公園、そこに立つ女二人。それを取り囲むような人影が数百。
一方――主人公・アサギは人魔外道を葬る政府の闇の機関-対魔忍のくノ一。一騎当千で知られる対魔忍の中でも最強の対魔忍として、敵対する人魔ともに恐れられていた。
一方――傭兵を集めて朧忍軍と称し、魑魅魍魎と結託する多国籍複合企業体・ノマドに与するくノ一。ノマドの日本における勢力拡大に大きな貢献をしてきた、かつては甲賀忍者の一派の頭領。
そして 数百の影は彼女が率いる朧忍軍の忍者たちだ。
つまりアサギは、数百の邪まなる刃に包囲され、絶対絶命の危機にあった。

「朧忍軍の頭領、朧か? お前の悪行もこれまでだ」
「その通り。だがお前が私を突き止めたのではない! 私がお前を誘い出したのだ」
「………。甲賀忍者でありながら魑魅魍魎に与するとは恥を知れ」
「はん! 忍者がお上に仕えるなどいつの話!
 対魔忍強しと言えども一人一人周到に抹殺してくれるわ」
「………」
「それともその豊満な肉体、弄り尽くしてからにしてやろうか!?」
「……死して先祖に詫びるが良い……」
「この人数で何を! バカめ!」

アサギが数百の剣陣に哀れ倒されるかと思ったその刹那、闇に立ちはだかる朧忍軍数百名、それぞれの眼前にアサギが立ちはだかった。
同時に―――

「忍法・殺陣華」

数百の血飛沫が同時にあがる。
無論、朧も肩口から両断されている。
そして数百のアサギの分身が一所に戻り、一つとなって、血で汚れた剣を払い鞘に戻す。

「これがお前の忍法……!? 不覚……」
「私の前では多数は無意味。かえって慢心が死を招く」

そういうとアサギは朧の首をはねてトドメをさす。
こうして彼女の任務は完了した。

―――しかし、それはこの後に起こる壮絶な戦いの序章でしかなかった。人魔外道の魑魅魍魎が、気高きくノ一の心に、美しい肢体にその淫獄の魔手を忍び寄せる……!!

CHARACTERS【登場人物】
井河アサギ
本編の主人公。ゲームは彼女の視点で動いていきます。
対魔忍の一人。人魔外道を葬る正義のくノ一。
両親を早くに亡くし妹と二人暮らし。
天才的な剣術と体術、人知を超えるスピードとこれまでの実績から退魔忍最強と目されている。
幼馴染・沢木恭介と恋仲で、亡き父・幽斎の反対を押し切り付き合い続けている。
何よりも任務を優先し修羅道を歩むくノ一にとって恋愛はタブーであることを承知しつつも、恭介への愛を捨てきれないでいる。
ボイス 中瀬ひな
サンプル 公開終了
「忍法・殺陣華」
一種の分身の術。最大で数百体までの分身を繰り出し一度に複数の敵を葬ることができる。しかも視界の届く範囲なら、戦闘機がターゲットをロックオンしたかのように分身をどこでも一瞬で繰り出すことができる。戦闘系の忍術では最強に近い術。
井河アサギ
井河さくら
主人公・アサギの妹。
活発で勝気な印象を受ける美少女。
姉思いの健気な一面を持つ。
アサギ同様、遺伝的に強力な忍者の能力を有しているが、まだその力は見習いのレベル。
自分に与えられた力を正義のために使いたいと、対魔忍になる事を希望しているがアサギに反対されている。しかしながら姉に隠れ修行を続けている。
ボイス 逢川奈々
サンプル 公開終了
「忍法・???」
アサギ以外、彼女の忍法を知るものはいない。
井河さくら
朧
傭兵を集めて朧忍軍と称し、魑魅魍魎と結託する多国籍複合企業体・ノマドに与するくノ一。
ノマドの日本における勢力拡大に大きな貢献をしてきた人物で、かつては甲賀忍者の一派の頭領。
アサギによって一度は殺されるが、魑魅魍魎の肉体を借り、闇の闘技場<カオス・アリーナ>の館長として復活する。
復讐の燃える朧はアサギの所在を突き止めるとアサギの恋人・沢木恭介の身体を乗っ取り罠にはめる。
ボイス 児玉さとみ
サンプル 公開終了
「忍法・催眠刻印」
人間を催眠状態に陥れ思うままに操る事ができるという。
強力な忍法だがその技を施すには儀式が必要だといわれている。
朧
沢木恭介
沢木恭介
アサギの幼馴染にして婚約者。
頼りないぼぅーとした雰囲気だが誠実で芯の強い好人物。妹のさくらからも「沢木兄<さわきにぃ>」と慕われている。
アサギの父・幽斎が亡くなるまで開いていた剣術道場の門下生で、彼も代々井河家に仕える忍者の家系。しかしその遺伝的能力「忍法」や忍者の力を受け継いでいる者はなく、沢木家の血の力は薄れたと考えられている。
エドウィン・ブラック
ノマドの創始者。吸血鬼の始祖。
吸血鬼の始祖とは、生まれながらの吸血鬼であることを意味し、人間が変じた吸血鬼と違い、完全に不死身で伝承にあるように弱点はなく、日光のもとも平気でいることができる。
魔界では支配者階級に属する強力な存在。
霧が塵などの微粒子に変身したり、血を吸い人間を吸血鬼にすることができる。
また生きるものに触れることよって、その生命エネルギーを吸い取ることもできるという。
エドウィン・ブラック
GALLERY【ギャラリー】

「はん! 忍者がお上に使えるなどいつの話だ!?対魔忍強しと言えども一人一人周到に抹殺してくれるわ」
 忍者共の殺気が増していく、常人が喰らえば気が違うか、失神は免れるだろう。
「…………」
「選ぶがいい。殺す前に、その豊満な肉体……弄り尽くしてからのほうがいいか!?」
 朧は蛇のように紅く細長い舌をチロリと出し、己の唇を舐めた。
 私はゆっくりと忍者刀に柄に手を添える。
「戯れ言は死んでからにしてくれる?」
「言うねぇ、さすが対魔忍の中で随一と言われるアサギ。数百の忍に囲まれても、尚、強がっていられるとは」

「忍法・殺陣華」
「ば、ばかな!!!!!」

 ボゴッ!!
「ぐっ………!!」
 みぞおちに喰らった豪腕の衝撃。押し込まれる力に私は前かがみになり、口から胃液が逆流する。
「がはぁ!!! おぉ……ぐぅ……」
 いつの間に戦いが始まったのだろうか?私はゴングが鳴った音さえ記憶になかった。
「ダメよ♪ よそ見しちゃ、対魔忍だからって、調子に乗りすぎ♪」
 リング脇から朧の声が聞こえる。戦いが始まる直前に私に催眠術をかけた張本人が嘲笑うかの様に。
「対魔忍のクソ女が! 名前だけでてんで弱いわね!」
「お、朧ぉ。わ、私に……催眠術を………ぐっ」
「何、勝手にお喋りしているんだい?対魔忍のクソ女!!」
 ボコっ!!
「あごぉ!!」
 豪腕の直撃をもう一度、同じみぞおちに喰らった。
 身動きがとれないサンドバックの私は交わすことも、気を練って防御することも許されなかった。押し出される胃液の逆流を必死で歯を食いしばり耐えるが、歯の隙間から胃液が漏れる。
「そんな犬畜生にも劣ること誰がするものか!!」
「可哀想よね、さくらちゃん。頑固なお姉ちゃんを持ったばかりに……」
「舐める! 舐めるわ!!」
「そうよ、始めからそうしなさい、ふふふ」
 私は床にたまったザーメンを舐めるために、舌を伸ばす。
「犬猫のようにペロペロ舐めて、ザーメンを啜るのよ!」
「…………くっ!」
「あら♪ 返事が聞こえないわねぇ?」
「はい、舐めさせて……いただきま……すっ!!」
 私はこみ上げる屈辱感に堪えていた。
「やればできるじゃない。好きよ、聞き分けのいい娘」
 朧に強制されるまま、私ははしたない音を立ててザーメンを啜る。
「ん、ちゅぢゅっ……じゅむ、ぺろ」
「ふふ、いいわよ♪もっと音をたてて、美味しそうに啜りなさい!!」
「は、はい……れろっ、ちゅっ、んっ、ちゅっ、ぢゅっ……ぢゅっ、じゅるっ、じゅぷっ……じゅるるっ」
「そう、そのまま飲み込みなさい。ベトベトに混ざった誰のかわからない、精液をね!!」
「………んっ、ゴク、ゴク、ゴク、んっ」
「みじめ! みじめね♪ これから改造されて淫乱女になるなんて……ああ! 最高よ、アサギ」
 宙吊りにされているアサギを見上げながら、楽しそうに朧が脇にいる白衣の男に語りかけた。
「さぁ、これからアサギはどんな淫乱女に改造されるのかしら?」
「はい、触手から分泌される薬液によって躰の内部の神経を作り直すことから始めます」
「そして、次に躰の表面の神経は、これから部屋に満たす薬液で内部と同じように遺伝子レベルで作り直します」
 朧は腕を組み、白衣の男の説明を真剣に聞いている。
「内部、外部、両方を改造するというわけね」
「はい、1週間ほど薬液につけると、神経は改造され、言わば全身が性感帯になってしまいます」
「ふふふ、いいわ。早く、生まれ変わったアサギに会いたいものね」
「しかも感度も1000倍〜3000倍ほど強化され、普通の女
なら肌を優しく撫でられただけで絶頂してしまうようになります」
「ふふふ、楽しんでる? 対魔忍と対魔忍見習いのお二人さん♪」
 私とさくらは触手で四肢はおろか、乳房まで拘束されている。
 気を抜けば、骨はくだけ、皮膚は裂けそうなほどの強さで私たちの躰をギリギリと締めつけている。口、肛門、秘裂は精液漬けにされ、全身はおびただしい精液の残滓で汚れている。いつ射精されたものだろうか、吐き出された精液は、肌の表面で乾き、厚い層になっている。
 だがすぐに触手から新たな精液が射精され、肌の上で乾いていた精子は粘りと潤いを取り戻していく……
「あら、どうしたの? 返事がないじゃない。ここに来て休みのない絶頂続きで、気でもふれたの?」
 朧の言うとおり、私たちは人外のモノが与える快感に、いつ気がふれてもおかしくない状態だった。
「あぁ、朧さまぁ……おゆるひくらはぃ……今日だけは……」
「あぁ、朧さまぁ……やすませて……ください。あぁ………あ」
 朧は堕落した二人を見詰め冷笑する。
「お願いで……す。せめて、さくらだけでも……休ませてあげてください……」
「休む!? まだ一匹も孕んでいない出来損ないの分際で!? ふん、厚かましいにもほどがあるわね」
 朧の高笑いが会場中に聞こえた。
 歓声をあげた観客も、同じように笑い出す。
「さくら!!!」
 私は震える声でさくらの名前を叫んだ。
「…………うぅ」
「………さくら!?」
 もしかして、私の声がわからないの?
「ああ、口を開けていいわよ。さくら♪」
 朧がさくらの頭を撫でると、さくらは何も言わず頷いた。
「うぇ、えふぁ………」
 さくらは口を開けると大量のザーメンが零れ落ちる。
「アハハ! さっきまでずぅぅぅーーっと犯してたの!最初は生意気だったけど、今はとっても素直よ。この淫乱ブタ女!」
「おふぇ……出しまひたぁ……えぷ」
「妹もお前同様。淫乱な身体に改造されて、さっきまで男たちに弄られ喜んでいたのよッ!!姉妹揃ってね!! あははっはははっは!!!」
 そして朧は狂ったように笑った。

躰には、熱く引き裂かれるような発情した感覚が芽生える。
「ひぃ……! こんな、んおおっ! こんなぁ!」

「ひっ、でも……イキすぎて、苦しいです。許してくださ……ひぃあっっ!!!」
 突然、朧が腹を抱えて笑い出す。
「ひぃ、お、おかしい!! い、イキすぎて苦しいですだって、はっはははは!!」
「対魔忍最強の名が泣いてるわよ。本当にアナタ、私を殺したあの対魔忍-アサギなの?」
「もう、いいわ。オークたち。好きなだけ犯しなさい、文字通りそのイボチンポが擦り切れるまでね♪」
「そ、そんあ……酷ひぃ!! いぎぃ……許さない……ぜったひ……」
「へへっへ、マダム。このメスブタがイキ死んでも、やめませんぜ!! ほら、またアクメっって吠えちまいな!!」
「ぎ、あっぁぁぁっぁぁぁっ!アクメ! アクメひまひた!!あ、あ、あぁ……」
 子宮がビクビクと上下に飛び跳ねる。
「へへへ、アクメった。このブタ女。簡単にアクメったぜ、へへへへ」

「卑怯もの………ひきょう……ぐっ!!」
 さらに、もう一撃。腹部に膝が入る。
「いいわ、これで終わらせてあげようと思ったけど、少し、見せてあげるわ……私の力をね」
 メキメキと音が鳴ると同時に朧の躰が変化していく。
「………ひっ!!」
「反省しなさい。あなたが悪いのよ、ほほほほ」
 朧の身体に肉腫が浮び、そこから伸びた触手がさくらの身体や両手両足に巻きついて拘束する。
 そして触手がギリギリとさくらを締めつける。
「あっ、ぐぁぁぁぁぁ!!!」
 表面にいくつもの突起物がつき、粘液まみれの触手はさくらの首を容赦なくしめつける。
「どう? いくつもの触手に締めつけられる感じ。ほら、もう少し力入れたら、あなたのか細い首がポッキリ折れちゃうわよ」
「ぐぁ、ぎぃ……ェ……ぁぁぁぁぁあああ!!」
 食道が触手によって圧迫され、呼吸が妨げられる。それを何とかして取り除こうとするが、両手は、他の触手によって拘束されていた。
「結構難しいのよ、折らずに締めつけるの。ほら、がんばりなさい。気絶なんかするんじゃないわよ」
立場逆転、かつては蔑み殺す価値もないと魔界の情報収集に利用していた下級妖魔、通称”生殖猿”オークたちが復讐の制裁―――
魔界に堕ちたくノ一……魑魅魍魎が吐き出すザーメン、床に溜まる残滓を全て啜り尽くさないと終わらぬ輪姦地獄―――
…and more ! 敵を滅殺するか、死よりも残酷な快楽地獄に沈むのか!?
スペック
ジャンル
: くノ一輪姦調教アドベンチャー
発売日 :05年10月28日(金)発売(パケ)
:05年10月21日(金)発売(DL)
定価 パッケージ版
: \2100(本体\2000)
ダウンロード版
: \1890(本体\1800)
メディア : CD-ROM 1枚
OS : Windows98SE/Me/2000/XP
DirectX : DirectX7.0以降
CPU :Intel Celeron / PentiumIII 500MHz相当以上 推奨
メモリ : 64 MB(必須) / 256 MB(推奨)
解像度 : 640×480(ハイカラー以上)
VRAM : 16MB以上推奨
アニメ : 一部あり
CG鑑賞 : あり
シーン回想 : あり
音楽鑑賞 : なし
音源
: PCM
主題歌 : なし
音声 : あり(女性のみ)
備考 : -
ページのトップへ
お問い合せ よくある質問 サイトマップ リンク copyright